ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > インフルエンザに注意しましょう!

ここから本文です。

インフルエンザに注意しましょう!

都内のインフルエンザ定点医療機関からの患者報告数が流行注意報基準(※)を超えました。インフルエンザは通常の風邪とちがい、高熱や関節痛などの全身症状が強く出るのが特徴で、時には肺炎や脳炎を引き起こすこともあります。一般的な予防方法は、①予防接種 、②こまめな手洗い、 ③咳エチケットとマスクの着用、 ④適度な室内加湿・換気、 ⑤早めの受診・休養・栄養・水分補給です。これらを心がけ、インフルエンザにかからず、広げず、楽しく冬を乗り切りましょう。

※流行注意報基準:感染症発生動向調査による定点報告において、10人/定点(週)を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合としています。

(東京都)インフルエンザ(新しいウィンドウで開きます)

インフルエンザの予防と家庭での療養

令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種

感染症集団発生時の連絡(社会福祉施設などのかたへ)

お問い合わせ

更新日:2020年1月2日