ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子ども家庭支援センター > 子どもショートステイ事業

ここから本文です。

子どもショートステイ事業

保護者の入院などで子どもを数日間預けたいとき 子どもショートステイ事業

保護者が疾病等により、一時的に児童を養育することが困難になった場合に、保護者に代わって施設や区内協力家庭で養育します。

養育の内容

  • 宿泊型:24時間
  • 日帰り型:午前9時~午後8時(乳児院は午後6時まで)

対象児童

区内に住所のある、生後43日以上で18歳以下の児童。ただし、18歳の児童が利用できるのは、18歳に達した日以後、最初の3月31日までです。

養育の要件

  1. 保護者が、疾病・出産またはけが等により入院や加療、療養を要する場合
  2. 保護者が、同居の親族等の疾病等により看護または介護に従事する場合
  3. 保護者が、事故または災害にあった場合
  4. 保護者の育児疲れ、看病疲れ、育児不安など身体上または精神上の事由による場合
  5. 冠婚葬祭、出張、学校等の公的行事参加など社会的な事由による場合
  6. その他、特に必要と認められる場合

利用料

子どもショートステイ事業 利用料金表
受け入れ先 利用料
乳児院(生後43日~2歳まで) 1日あたり 2,500円

2泊3日の場合、7,500円

その他施設・協力家庭 1日あたり 3,000円

2泊3日の場合、9,000円

受け入れ先

ご注意

  • 利用を希望される場合は、まず電話でご相談ください。
  • 利用は、原則として年間6泊が限度です。
  • 生活保護や住民税非課税の世帯のかたは減免制度がありますので、お問い合せください。

更新日:2018年4月6日