ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育園 > 地域型保育事業からの転園・継続の手続きについて

ここから本文です。

地域型保育事業からの転園・継続の手続きについて

地域型保育事業から転園されるかたへ

平成27年4月入園で、地域型保育事業(家庭的保育事業・事業所内保育事業・小規模保育事業)から、認可保育園へ入園が決まったかたは、現在お通いの保育園に退所届の提出をお願いします。なお退所届は、それぞれの保育園に
ございます。

地域型保育事業へ継続して通園される手続きをされたかたへ

平成27年4月以降も、現在お通いの地域型保育施設を継続して利用されるかたへの継続通園決定連絡として、3月下旬
(予定)に「保育料決定通知書」と「支給認定証」を発行します。
現在継続通園の申請を提出されたかたは、継続して通園できますので、ご安心ください。まだ継続通園の手続きをされていないかた(保育園課へご連絡いただいたかたを除く)は、至急お手続きいただきますよう、よろしくお願いします。

平成27年4月入園の選考の結果、現在通園している地域型保育施設へ継続して通園
されるかたへ

平成27年4月入園選考(1次・2次)の結果、現在お通いの地域型保育施設に継続通園されるかたへ継続申請手続きのご案内差し上げました。もし届いていないかたがいらっしゃいましたら、政策企画グループまでご連絡ください。提出期限が3月19日(木曜日)となります。

平成27年4月より地域型保育施設に入所が決まっているが、別の認可保育施設への転園を希望されるかたへ

子育て支援課入園グループへ転園申請の手続きをお願いします。添付書類は、申請書とともに提出いただきます。
0・1歳児クラスは転園扱いで2園までの希望、2歳児クラスは入園扱いで9園まで希望が記入できます。
転園申込の受付は、入園後3か月経過後の転園からです(4月入園の場合、7月1日付転園からの受付となります)。
ただし、以下の事項に該当する場合は、入園の翌月から転園の申込みが可能です。
(1)兄弟姉妹が別々の保育施設のときに同一の保育施設への転園を希望する。
(2)自宅から遠い保育施設(直線距離で1.2km以上離れている)に通っている。
(3)現在よりも長い開所時間の保育施設への転園を希望する。
(注釈)育児休業中の転園の申込みはできません。


地域型保育施設は平成26年度までは認可外保育施設で、保留期間中は認可保育園の選考の対象となりました。しかし平成27年4月以降は認可施設となりますので、地域型保育施設へ入所が決まっているかたは、認可保育施設へ入園されているということになります。そのため、別の認可保育施設を希望される場合、転園申請が必要となります。

関連情報

申請書ダウンロード

地域型保育事業

地域型保育事業施設一覧

お問い合わせ

更新日:2015年3月17日