マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親世帯臨時特別給付金について

ここから本文です。

ひとり親世帯臨時特別給付金について

ひとり親世帯臨時特別給付金「基本給付」の再支給についてはこちらをご覧ください。

概要

新型コロナウィルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給します。

・ひとり親世帯臨時特別給付金(チラシ)(PDF:846KB)

・留意事項(PDF:170KB)

・ひとり親世帯臨時特別給付金支給要件確認フローチャート(PDF:435KB)

・厚生労働省ホームページひとり親世帯臨時特別給付金(新しいウィンドウで開きます)

支給対象者

1.基本給付

以下、1~3に該当するかた(児童扶養手当法に定める「養育者」のかたも対象)

  1. 令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けているかた
  2. 公的年金給付等(注釈1)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されるかた(注釈2)
    (注釈1)遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
    (注釈2)既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けているかただけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測されるかたも対象となります。
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給しているかたと同じ水準となっているかた
    (注釈)児童扶養手当における支給要件を満たすかたに限ります(児童扶養手当についてはリンク先をご覧ください

2.追加給付

上記1.基本給付の1または2に該当するかたのうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少しているかた
新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降に以下のような理由で家計が急変し収入が減少したかた。

  • 例:勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少した、など

(注釈)生活保護を受給中のかたは、収入が減少した分保護費が増加するため追加給付は対象ではありません。

給付額

1.基本給付
1世帯5万円
第2子以降ひとりにつき3万円

2.追加給付
1世帯5万円

必要なお手続き

支給対象者1~3ごとに、お手続き・必要書類が異なります。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、原則郵送での提出をお願いします。

申請受付開始日:令和2年8月3日(月曜日)

提出期限:令和3年3月1日(月曜日)必着

提出先:豊島区子ども家庭部子育て支援課児童給付グループ
〒171-8422豊島区南池袋2-45-1
窓口:豊島区役所本庁舎4階東10番窓口

1.基本給付の1.令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けているかた

1.基本給付

★申請不要です

  • 給付金を希望しない場合には、令和2年8月13日までに届出書(PDF:86KB)を提出してください。
  • 児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合は、児童給付グループへ至急ご連絡ください。

2.追加給付

★申請が必要です

  • 児童扶養手当の資格があり、令和2年6月分児童扶養手当の支給を受けているかたには8月3日に案内用紙を送付いたします。
申請に必要な書類
ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【追加給付】(PDF:68KB)

1.基本給付の2.公的年金給付等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されるかた

児童扶養手当の資格があり、支給が全額停止になっているかたには8月3日に案内用紙を送付いたします。それ以外の方で申請を希望する場合は申請書等を下記に掲載しておりますので、ダウンロードしてご記入の上ご提出ください。
申請者、配偶者、扶養義務者のかた全員の収入(または所得)が、基準額未満であることが必要です。基準額については各申立書に記載されています。

1.基本給付

★申請が必要です。

申請に必要な書類
1.ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】(PDF:882KB)(PDF:656KB)
・ひとり親世帯臨時特別給付金(再支給分)についてはこちらをご確認ください。再支給分の申請書も兼ねています。

2.簡易な収入額の申立書(申請者本人用)(PDF:1,548KB)(PDF:1,052KB)

3.簡易な収入額の申立書(扶養義務者用)(PDF:1,267KB)

(注釈1)2・3について、平成31年1月1日に豊島区に住民登録がなかった場合は、令和元年度(平成30年分)の「所得課税非課税証明書」「源泉徴収票」等、収入額がわかる書類を添付してください。また、平成30年中に年金を受給していた場合は、「年金振込通知書のコピー」等もあわせて添付してください。
(注釈2)2・3について、所得見込額での申立てを希望する場合は、簡易な所得額の申立書(PDF:99KB)を提出してください
(注釈3)3について、申請者と同居している父、母、祖父母、子ども、孫などの直系親族及び兄弟姉妹がいる場合は、それぞれ全員分必要です。ただし、18歳以下で所得がない方は不要です。

4.本人確認書類のコピー(免許証、健康保険証等)
5.受取口座を確認できる書類のコピー(口座番号、名義等が確認できる通帳、キャッシュカード)
6.児童扶養手当の支給要件を確認できる書類
(注釈)豊島区で児童扶養手当・児童育成手当・ひとり親家庭等医療費助成の認定を受けている場合は支給要件を確認できる書類は不要です。
(1)日本国籍の方は戸籍謄本又は抄本が必要になります。外国籍の方につきましては必要書類が異なりますのでお問い合わせください。
(2)障害を要件とする場合は、障害の状態が確認できる書類が必要です。

2.追加給付

★申請が必要です。
(注釈)追加給付のみの申請はできません。基本給付2の申請者であることが必要です。

申請に必要な書類
ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【追加給付】(PDF:68KB)

1.基本給付の3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給しているかたと同じ水準となっているかた

児童扶養手当の支給はないが、ひとり親で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受けられる水準まで下がった場合に申請できます。申請を希望する場合は申請書等を下記に掲載しておりますので、ダウンロードしてご記入の上ご提出ください。
申請者、配偶者、扶養義務者のかた全員の収入(または所得)が、基準額未満であることが必要です。基準額については各申立書に記載されています。

1.基本給付

★申請が必要です。

申請に必要な書類
1.ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】(PDF:871KB)(PDF:656KB)
・ひとり親世帯臨時特別給付金(再支給分)については こちらをご確認ください。再支給分の申請書も兼ねています。
2.簡易な収入見込額の申立書(申請者本人用)(PDF:1,548KB(PDF:2,239KB)
3.簡易な収入見込額の申立書(扶養義務者用)(PDF:1,097KB)

(注釈1)2・3について、令和2年2月以降の任意の月を設定し、その月の給与明細書・帳簿等のコピー等1か月の収入額がわかる書類もご提出ください。また、その月に年金を受給していた場合は年金振込通知書のコピー等を添付してください。
(注釈2)2・3について、所得見込額での申立てを希望する場合は、簡易な所得見込額の申立書(PDF:88KB)を提出してください。
(注釈3)3について、申請者と同居している父、母、祖父母、子ども、孫などの直系親族及び兄弟姉妹がいる場合は、それぞれ全員分必要です。ただし、18歳以下で所得がない方は不要です。

4.本人確認書類のコピー(免許証、健康保険証等)
5.受取口座を確認できる書類のコピー(口座番号、名義等が確認できる通帳、キャッシュカード)
6.児童扶養手当の支給要件を確認できる書類
(注釈)豊島区で児童扶養手当・児童育成手当・ひとり親家庭等医療費助成の認定を受けている場合は支給要件を確認できる書類は不要です。
(1)日本国籍の方は戸籍謄本又は抄本が必要になります。外国籍の方につきましては必要書類が異なりますのでお問い合わせください。
(2)障害を要件とする場合は、障害の状態が確認できる書類が必要です。

2.追加給付

★申請対象外です。

振込日

基本給付1の該当者

基本給付は令和2年8月25日(火曜日)に児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。追加給付は、申請書の審査が完了次第9月以降毎月25日頃にお振り込みします。振込通知書の発行はありません。

基本給付2.3の該当者

基本給付および追加給付については、申請書等の審査が完了次第9月以降毎月25日頃に順次指定口座にお振り込みします。振込通知書を発行いたします。

その他

  • やむを得ない場合を除き、申請期限までに申請が行われなかった場合、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給できません。
  • 申請書の不備による振込不能等が原因で、支給ができなかった場合、豊島区が確認等を行った上で、なお必要な修正ができなかったときは支給できません。
  • ひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段によりひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けた場合は、支給したひとり親世帯臨時特別給付金の返還を求めます。
  • ひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。

特殊詐欺について

給付金の支給にあたり、ATMの操作のお願いをすること、手数料などを求めることは絶対にありません。

更新日:2020年12月14日