マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

十五夜のお団子

odango1

odango2

 

9月13日(金)は十五夜でした。

十五夜とは、月が見えなくなる新月の日から約15日で満月になることからそう呼ばれているそうです。

また、中秋の名月とも呼ばれ、秋の収穫の感謝の意味も込めて、お団子やすすきをお供え物として飾ります。

そのお団子をくるみ組(4歳児)が作って玄関に飾りました。

新聞紙を丸めて、その周りを薄く伸ばした紙粘土で包みます。

「本物みたいでおいしそうだね」「お月様みたいにでこぼこつけようかな」と楽しく話しながら作っていました。

「うさぎもいないとね!」と折り紙でウサギを作る子もいました。

お問い合わせ

更新日:2019年9月24日