ここから本文です。

出張プレイパーク

木育コーナー【木育コーナー】

3.4才児室では木製の色々なおもちゃで遊びました。木製の大根や人参をまな板に載せてトントンと上手に切ったり車や積木でじっくり遊ぶコーナーと縦に二つに割った竹と段ボールを利用して、玉ころがしのコーナーも大人気。1才児クラスが夢中になっていたのが玉を転がし。玉がゴールのカゴにコロンと入ると手に持ってスタートへ。ころがったと笑いながら何回も何回も往復していました。

 

 

 園庭はアスレチック!      

 

【園庭は段ボールプレイパーク】

池袋本町プレイパークで活動している4名のプレイリーダーの方が保育園に来て遊びを提供してしてくれました。事前の打ち合わせで沢山の段ボールがあった方がダイナミックに遊べるので用意してくださいと言われました。地元で電気屋さんをされている保護者の方にご協力をいただき、大型冷蔵庫などのダンボールをたっぷり用意することができ本当に感謝です。遊びながら、どんどんつながっていきました。

 

 

段ボールの迷路

【大型段ボールの迷路】

 

この日は4.5才児クラスが遠足だったので、残った保育園の一番大きいクラスが3才児クラスでした。今日の保育園を守るのは私達だと張り切っていました。段ボールの遊び方も、最初はただ中に入っていたのが、立ててみたり、倒してみたり。いつの間にかキャタピラみたいに動き出していました。天気も良くて、連携園の子ども達も遊びに来てくれて一緒に遊びました。

 

                                                                  段ボールが郵便屋さん

【郵便屋さん登場】

郵便配達屋さんが登場し、郵便バック作り、段ボールを四角く切った手紙を配達。郵便ポスト、小包のポストなどどんどんイメージが広がっていきました。そのほかに自動車、飛行機までも登場してました。

 

 

 

 

 ロープで渡る

【ロープを渡る】

ブランコの場所を利用して太い丈夫なロープを張ってもらいました。つかまっていても足元のロープも揺れるのでスリル満点。保育士がロープを揺らすと歓声があがっていました。小さい箱でロボットを作って自分の装着してロボ軍団が盛棃上がってきそうな時にタオムリミット。たっぷり1時間半遊びこみ、まだまだ遊びたいの声。4.5才児クラスが遊べていなかったので、このままとっておこうと、迷路は温存しました。いっぱい遊べるといいなと思っています。これからの遊びの展開が楽しみです。     

お問い合わせ

更新日:2018年3月16日