マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > まちづくり・環境・産業 > 交通 > 春の全国交通安全運動実施中です

ここから本文です。

春の全国交通安全運動実施中です

4月6日(火曜日)から15日(木曜日)まで、春の全国交通安全運動が実施中です。
この運動は、区民一人ひとりが交通安全に関心を持ち、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践するほか、地域の道路交通環境の改善に向けた取り組みに参加するなど、皆さんの力で悲惨な交通事故の防止を徹底していくことを目的としています。

【メインスローガン】やさしさが走るこの街この道路

令和3年春の交通安全運動

4月10日(土曜日)は交通事故死ゼロを目指す日です。

子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

相手側に自分の位置を知らせるために、反射材用品を身に付けることで、「自分の存在をアピール」し、交通事故を防ぎましょう。

保護者の方へ/子どもを交通事故から守るために信号を守らせ、車が「止まったこと」などまわりの安全を確認させましょう。また、飛び出しや路上で遊ぶことの危険性を教えるとともに、正しいルールやマナーについて大人が手本を示しましょう。

高齢者の方へ/自分だけは事故に遭わない、車が自分に気付いて止まってくれるという思い込みは禁物です。信号をきちんと守ることが、自分自身を守ることにつながります。歩き慣れた道でも横断禁止場所の横断や信号無視などのルール違反は絶対にやめましょう。

歩行者の方へ/お酒を飲んで道路に寝込んでしまい、車にひかれる痛ましい事故が発生しています。家に帰るまで気を引き締めましょう。

自転車の安全利用の推進

自転車のルール違反による交通違反が増えています。自転車は自動車と同じ「車両」です。運転者が児童、生徒であっても、自転車事故の加害者になるおそれがあります。

運転する時はヘルメットをかぶりましょう。

自転車安全利用五則

自転車は、車道が原則、歩道は例外

車道は左側を通行

歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

安全ルールを守る(飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認)

子どもはヘルメットを着用。

自転車損害保険等への加入が義務となっています

区は東京都に先駆けて令和元年10月1日から、自転車の利用によって生じた他人の生命または身体の損害を賠償するための保険等への加入が義務化されています。
令和2年4月1日からは都内全域で加入が義務化されていますので、自転車事故に備えて損害賠償保険などに必ず加入しましょう。
詳しくは下記「自転車損害保険等への加入義務化啓発用チラシ」及び「自転車損害保険等への加入が必要になりました」のページをご覧ください。

自転車損害保険等への加入義務化啓発用チラシ(PDF:319KB)


自転車損害保険等への加入が必要になりました

歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

車を運転する時は、子ども、高齢者、他の車両など周囲に思いやりのある運転が大切です。

また、「あおり運転」は危険極まりない行為です。道路交通法違反であり、事故を誘因した場合はさらに厳しく処罰されます。

高齢ドライバーの方へ/体調の優れない時は運転を控えるなど、常に安全運転をこころがけましょう。

また、運転に自信がなかったり、家族から心配されたら、免許証の自主返納をお考えください。運転経歴証明書の交付を受けると運転免許証と同様身分証明書として使うことができ、様々な特典があります。

全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底/シートベルトは、全ての座席で、必ず正しく着用しましょう。後部座席で着用せずに交通事故に遭った場合、車外放出や前席同乗者への加害の危険性があります。6歳未満の子どもはチャイルドシートの着用が義務づけられています。

飲酒運転の根絶/飲酒運転は犯罪です。運転者以外の酒類の提供者や車両の同乗者、車両の提供者も罰せられます。自転車も飲酒運転は禁止です。

「豊島区高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」の交付について

高齢ドライバーによる交通事故が大きな社会問題となっていることを受け、東京都は緊急対策として「東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」を開始しています。

これを受けて、豊島区では補助事業を実施しています。

詳しくは下記「申請から交付までの流れ」及び「豊島区高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金の交付を開始します」のページをご覧ください。

申請から交付までの流れ(PDF:286KB)

「豊島区高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」の交付を開始します

二輪車の交通事故防止

自分の運転技量や二輪車の性能を過信せず、カーブや交差点の手前では十分に速度を落とし、安全運転を心がけましょう。
運転する際は、ヘルメットを正しくかぶり、胸部・腹部を守るプロテクターを着用し、体の露出がなるべく少なくなるような長袖・長ズボンを着用しましょう。

踏切の通行には注意しましょう

もしも、ベビーカーや手押し車などが溝にはまって動けなくなったら、急いで踏切から出て、身の安全を守ることを最優先してください。

また、踏切内で転倒したり、持ち物が溝にはまって動けなくなっている人がいたら、「非常通報ボタン」を押して事故防止にご協力ください。

「ながらスマホ」「危険ドラッグ等薬物使用」は絶対にやめましょう

自転車も含め運転中や歩きながらのスマートフォン等携帯機器を操作するいわゆる「ながらスマホ」は大変危険ですので絶対にやめましょう。

また、危険ドラッグ等薬物使用は絶対にやめましょう。

交通安全運動期間中の取り組み

春の全国交通安全運動期間中、IKEBUSに警視庁が作成したステッカーを貼付して運行しています。

IKEBUS

警視庁ステッカー

横断歩道は歩行者優先です。

ドライバーの方は、横断しようとする人がいる時は横断歩道の手前で一時停止をして、横断する人に道を譲りましょう。

横断歩道付近に人がいる時はすぐに停止できる速度で安全確認をしましょう。

横断歩道を渡る方にご注意いただきたいことがあります。

車両には必ず死角があります。

右折、左折してくるドライバーは、横断している歩行者や自転車の存在に気づいていないかもしれません。

横断歩道を渡る前はもちろん、渡っている時も、車が近づいていないか周りをよく確認しましょう。

 

お問い合わせ

更新日:2021年4月9日