ホーム > 区政情報 > 選挙 > 新型コロナウイルス感染症療養者のかたの投票(特例郵便等投票)

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症療養者のかたの投票(特例郵便等投票)

新型コロナウイルス感染症により療養等をされているかたでも、一定の要件を満たす場合、郵便等で投票ができます(特例郵便等投票)。

制度については総務省のホームページおよび東京都選挙管理委員会のホームページで詳しく説明がありますので、下記よりご確認ください。

該当となるかた

  1. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第44条の3第2項又は検疫法第14条第1項第3号の規定による外出自粛要請を受けたかた
  2. 検疫法第14条第1項第1号又は第2号に掲げる措置(隔離・停留の措置)により宿泊施設内に収容されているかた

なお、濃厚接触者のかたは特例郵便等投票の該当ではありませんが、投票所で投票ができます。マスクの着用等の感染症対策の徹底を行ったうえで投票所にお越しください。

投票用紙等の請求手続き

  1. 投票用紙等の請求は請求書により行います。請求書を印刷しご記入ください。請求書は選挙期日4日前の17時までに必着ですので、お早めに請求してください。また、お電話で選挙管理委員会にご連絡いただけますと、請求書の様式や返信用封筒等を送付することも可能です。
  2. 請求書を郵送する際には、送付封筒用宛名の様式を印刷し、お持ちの定形サイズの封筒に貼り付けてください。こちらは料金受取人払となりますので、切手の貼付は不要です。必ず封筒表面の「請求書在中」に丸をつけてください。また、速達とするため、封筒の右上に赤線を引いてください
  3. 返信用の封筒はクリアパックにいれて、表面をアルコール消毒してください。その上で、患者ではないかたに投函を依頼してください。クリアパックの入手が困難な場合には、自宅にある透明な袋等に入れ、テープ等で密封し、表面をアルコール消毒してください。

(注意)一連の作業をする前には必ず、せっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、マスクや使い捨てのビニール手袋を着用するなど、感染拡大防止にご協力ください。

書式

  • 請求書(次回選挙の際に掲載します)
  • 請求書見本(次回選挙の際に掲載します)
  • 送付用封筒宛名(次回選挙の際に掲載します)

投票の手続き

  1. 投票用紙等は、指定のご住所に公告示日以降に送付します。中には、投票用紙、内封筒、外封筒、クリアパック、返信用封筒が入っています。
  2. 投票用紙に記入し、内封筒に入れて封をし、その後外封筒に封入してください。外封筒の表面には投票年月日と投票場所及び氏名を記入します。
  3. 記入の終わった外封筒を返信用封筒に入れて、返信用封筒表面の「投票在中」に丸をつけてください。
  4. 返信用封筒をクリアパックに入れて、表面をアルコール消毒のうえ、患者ではないかたに投函を依頼してください。投票は選挙期日の20時までに必着ですので、投票用紙が届いたら、なるべくお早めに投票を済ませてください。

(注意)一連の作業をする前には必ず、せっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、マスクや使い捨てのビニール手袋を着用するなど、感染拡大防止にご協力ください。

お問い合わせ

更新日:2022年8月1日