ホーム > 区政情報 > 選挙 > 選挙運動・政治活動・寄附 > 選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正しました(選挙運動用ビラの作成費用/2019年3月)

ここから本文です。

豊島区議会議員及び豊島区長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について

1.条例改正の趣旨

  公職選挙法の一部改正(施行日:平成31年3月1日)に伴い、選挙運動の公費負担の条例の一部を改正しました。豊島区議会議員選挙の選挙運動用ビラの作成経費が公費負担の対象となります。

2.公費負担の対象

限度枚数

 2種類以内4,000枚

 ※選挙管理委員会に届出をして、選挙管理委員会が交付する証紙を貼付したもの。

 ※表面に頒布責任者及び印刷者の氏名(又は法人名)・住所を記載したもの。

限度額

  1枚あたり7円51銭(@7.51円×4,000枚=最大30,040円)

ビラの大きさ

 長さ29.7cm×幅21cm(A4版)以内

契約締結の届出

 ビラの作成に関し有償契約を締結し、契約の相手方等を選挙管理委員会に届出してください。

公費負担の条件

 ビラ作成の公費負担は、供託物が区に属することとならない場合に限ります。

 (供託物の没収者は、公費負担の対象から除外されます。)

3.条例の施行日

 平成31年3月1日

4.頒布方法

 頒布は以下の4点に限定され、散布は禁止されています。

 ①新聞折り込みによる頒布

 ②候補者の選挙事務所内における頒布

 ③個人演説会場内における頒布

 ④街頭演説の場所における頒布

5.Q&Aについて

  選挙運動用ビラに関するQ&A(PDF:175KB)

6.参照

  その他の選挙運動については、「選挙運動」のページを確認ください。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年3月15日