ホーム > 区政情報 > 区議会 > 意見書・要望書等 > 平成29年 > 平成29年第1回定例会可決した意見書・決議 > 都市計画道路補助73号線の早期整備についての意見書

ここから本文です。

都市計画道路補助73号線の早期整備についての意見書

都市計画道路補助73号線の豊島区西池袋・目白地区の周辺地域は、東京都が発表した木密地域不燃化10年プロジェクトに選定されず、また、補助172号線~補助76号線区間の未着手部は、東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)で、平成37年度までに優先的に事業に着手すべき路線である「優先整備路線」にも選定されなかった。

しかし、池袋駅周辺は政令改正により、地元の悲願であった特定都市再生緊急整備地域に指定され、豊島区においては、池袋駅周辺地域再生委員会を発足し、さらに、平成28年に「池袋駅周辺地域まちづくりガイドライン」及び「池袋駅周辺地域都市再生安全確保計画」が策定された。

一方で、首都直下地震の今後30年以内の発生確率が30%から70%に改められ、近年、各地で巨大地震がほぼ5年おきに発生している。災害対策の上で延焼遮断帯、加えて救助活動、救援物資の輸送、人々の避難、帰宅経路の確保にもつながる幹線道路の整備は急務である。

特に、日本有数の巨大ターミナル池袋駅及びその周辺地域は、大量の交通機関利用者に加え、駅周辺には、数多くの商業施設、飲食店、事務所等が存し、近接する幹線道路整備は、池袋駅周辺のまちづくりを進める上で、地域の安全対策上必要不可欠であり、その意味からも、都市計画道路補助73号線の未着手部分の豊島区西池袋・目白地区の約750メートルの池袋駅方面からの延伸は特に重要である。

よって、豊島区議会は、東京都に対し、都市計画道路補助73号線(補助172号線~補助76号線区間)の豊島区西池袋・目白地区の早期整備を強く求める。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成29年3月27日

豊島区議会議長 竹下 ひろみ

東京都知事あて

更新日:2017年3月30日