ホーム > 区政情報 > 区議会 > 意見書・要望書等 > 令和2年 > アメリカ合衆国のパリ協定離脱に抗議するとともに、撤回を求める要請書

ここから本文です。

アメリカ合衆国のパリ協定離脱に抗議するとともに、撤回を求める要請書

近年、世界各地で地球温暖化の影響が一因と考えられる異常気象が発生し、日本においても、大型台風やゲリラ豪雨が発生するなど、地球温暖化対策の重要性が高まっている。

2015年12月に第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)において採択されたパリ協定は、歴史上初めて先進国・開発途上国の区別なく気候変動対策の行動をとることを義務づけた公平かつ実効的な温室効果ガス削減のための非常に重要な協定である。

このように、気候変動対策のための国際的な枠組みであるパリ協定から、貴国は、2017年6月に脱退を表明し、2019年11月4日には正式に国連に脱退の通告をした。

地球温暖化対策は国際社会全体で取り組むことが必要なグローバルな課題であり、温室効果ガス排出世界第2位の貴国は、地球温暖化防止のため、全世界の先頭に立つべきである。

よって、豊島区議会は、貴国のパリ協定離脱に抗議するとともに、その撤回を強く要請する。

令和2年3月17日

日本国東京都豊島区議会議長  磯   一 昭

アメリカ合衆国大統領
ドナルド・J・トランプ 閣下

更新日:2020年3月23日