ここから本文です。

夏のとしまで楽しむマンガと文化財

8月13日(日曜日)から20日(日曜日)まで(※19日は除く。)自由学園明日館で「国際アート・カルチャー都市としま2017 夏のとしまで楽しむマンガと文化財」が開催されます。国の重要文化財に指定されている自由学園明日館の講堂が約3年間の修理作業を終えて落成。これを記念し、重要文化財と区が誇るアニメ・マンガ文化がコラボレーションした初めての企画イベントとなります。

チラシ(PDF:5,051KB)

手塚治虫文化賞受賞作品パネル展

「手塚治虫文化賞受賞作品パネル展」はこれから各地を回る巡回展のトップを切って、歴代の手塚治虫文化賞受賞作のサイン入りパネル等、約40点が展示されます。2017年第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞・くらもちふさこ先生の『花に染む』や、同回特別賞受賞・秋本治先生の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』などの人気マンガ家のパネル作品を、歴史ある重要文化財の建物内で無料鑑賞できる貴重な機会となっています。

  • 開催期間:8月13日(日曜日)~8月20日(日曜日)(※19日は除く)
  • 時間:10時00分~17時00分(※13日は14時00分~、20日は12時00分まで。)

第75回ホリデーコンサート

東京音楽大学の学生によるアニメ、祝祭曲も含んだ演奏をお届けします。

  • 開催日:8月13日(日曜日)
  • 時間:13時00分から14時00分

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018                 こどもワークショップ「アニメ昆虫館」

生き物をよく観察して楽しくアニメーション作りを体験!講堂で完成作品の発表会を行います。

  • 開催日:8月13日(日曜日)
  • 時間:16時00分頃~(発表会)※当日の進行状況により、遅れる可能性があります。

第4回としま国際アート・カルチャーフォーラム

「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」で有名な日本を代表する漫画家の浦沢直樹氏がマンガの神様と言われる手塚治虫氏を語ります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

国際アート・カルチャー都市推進グループ

更新日:2017年8月2日