マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 重点プロジェクト > 「わたしらしく、暮らせるまち。」を目指して~「女性にやさしいまちづくり」その先へ~ > としまぐらし会議 > 2019年度「としまぐらし会議」イベントレポート| 第2回 ~わたしのやってみたいを形にする~

ここから本文です。

2019年度「としまぐらし会議」イベントレポート| 第2回 〜わたしのやってみたいを形にする〜

2017年に始まった「としまぐらし会議」は、今年で3年目を迎えました。「としまぐらし会議」では、一人一人の「わたしらしく、暮らせるまち。」を実現していくことを目指します。2020年1月11日(土曜日)、Ryozan Park巣鴨にて「としまぐらし会議第2回〜やってみたいを形にする〜」が開催されました。この日は、豊島区に在住・在勤・在学など区に何らかの関わりのある36名の方々が集まりました。今回はとしまぐらし会議初となる、小学生の参加もありました。「このまちでやってみたい」という想いには年齢は関係ないと改めて気付かせてくれました。

やってみたいことの種を見つけて、(みんなで)育てていく

今回のテーマはみんなの「やってみたいを形にする」こと。「わたしらしさ」を見つめた上で、このマチで「やってみたい!」、「こんな活動してみたい!」の種を見つけて、みんなでそれを育てていくこと。年齢・職業・立場に関係なく、フラットな関係性で、それぞれの「やってみたい」を広げて深堀りしていきます。

ワークシート1.:『「わたしらしさ」を見つめる』

 

「としまぐらし会議」でおなじみの古瀬さんの進行で、早速ワークショップに入っていきます。
まずは、第1回としまぐらし会議でも行ったワークシート1.に、自分の好きなことや得意なこと、興味のあることを記入して、「わたしらしさ」を見つめていきます。
そして4人1組のグループに分かれて、ワークシートを元に、自分の好きなこと・関心のあることを紹介しあいました。

好きなこと

  • みんなとワイワイするのが好き!
  • キラキラしているものが好きです。
  • 携帯をデコることが趣味です。
  • デザイン思考に関心があります。

やってみたいこと

  • 読み聞かせをやってみたい
  • BBQイベントをやりたい
  • 歌が好きなので歌で何かやってみたい
  • みんなを巻き込んでイベントをやりたい
  • 関心のある法律についての紹介や意見交換をしたい
  • 公園を使用して自然セラピーをしたい

紹介がはじまると、「いいですね」「詳しく聞きたいです」、「それについてもっとお話したいです」などとさっそく話が盛り上がり、みんなの熱意が感じられました。
みんなのやってみたいことの種が、早くも芽が出てきそうな予感がします。

ワークシート2.「やってみたいことの種を掘り下げていく」

 

次に前回からバージョンアップしたワークシートを使って、「わたしのやってみたい」を掘り下げるために、イメージや具体案を記入していきます。また、自分の企画(やってみたいこと)に仮タイトルもつけていきます。

  1. このマチで自分がやってみたいことをアイデア出しする。
  2. その中から一番やってみたいことを選んで仮のタイトルをつける。
  3. 具体的なイメージを文章やイラストで表現する。

グループ作戦会議

 

ワークシートへの記入を終えたら、次はそれを元にグループで作戦カイギの時間です。トランプで同じ数字を引いた3人1組で新たにグループを作りました。

ひとり10分間やってみたいことを紹介し、他のメンバーからフィードバックをもらい、一緒に考えます。他のメンバーからアドバイスや意見をもらい、自分だけでは気づかなかった新しい視点を取り入れることができました!

ワークシート3.:「マチでやってみる計画を立てる」

 

本日最後のワークでは、やってみたいことをさらに具体化していきます。

  1. いつまでに実現したいか期限の設定をする。
  2. 実現するために必要なことを書き出す。
  3. 72時間以内に動き出せることを考える。
  4. 「動き出したあと」の次にできることを考える。

こうして期限を設け、時間を意識することで、「マチ」でやってみたいことが形になっていきます。スラスラとシートに記入していく人、ところどころペンが止まる人。みなさん、とても真剣な表情!

『わたしの「やってみたい」』を発表

 

 

そして、いよいよ発表タイムです。1分という制限時間の中で、それぞれが自分のやってみたいことを発表していきます。なかにはやりたいことに関する試作品を既に作っていて、披露するかたも!
発表を聞く人は、手持ちの付箋に質問や伝えたいことを自由に記入していきます。

—‘木材を使ったワークショップ’を公園で開催したい。
—‘参加型の読み聞かせ’をしたい。子育て中のお母さんがみんなの前で読み聞かせをできるような場所を作りたい。
—‘若い人たちの食生活を変えたい!’食事にお金をかけない人やお腹いっぱいになればいいという人が多いけど、食べたもので体はできる。管理栄養士の知見を活かし、次の世代に繋がる食育をしていきたい。
—幼児や小学生を対象にして、‘子どもが子どもに教えるミサンガワークショップ’をやりたい。
—いじめられている子の居場所を銭湯に作りたい
—‘独身カイギ’「ボシューズ」という名前のサイトを立ち上げて、恋人のいない人が気軽に集まれる場所を作りたい。
—ランニングをしながらゴミ拾いをする’IKE PLOGGING’を実施したい。豊島区エリアで早朝や夜にランニングをしながらまちをキレイにしたい。
—‘You Tuberになろう’動画で豊島区の魅力を発信していく。動画作成のレクチャーを通じて、中高生とお父さん・お母さん世代や、海外の方との交流も促していきたい。
—‘まちなかBBQ’でBBQを通して交流を図りたい。4つの大きな公園で同時開催して、各公園をラリー形式でまわっていけるような形にしたい。
—オトナの知らない決まりごとが多いように感じる。僕は弁護士なので、みんなが気軽に法律を知れる場所を作りたい。
—‘あちこちオーケストラ’手拍子や足踏みでもOK!上手下手関係なく、音楽が好きな人を集めて活動をしたい!

みんなのやってみたいことの中にはそれぞれの個性が詰まっています。発表する人、聞く人、みなさん生き生きとした表情が印象的でした!

みんなで作戦カイギ

 

『わたしの「やってみたい」』を共有できたところで、自分や仲間のプロジェクトを前に進めるための、作戦カイギの時間へ!
大きな模造紙が配られ、それぞれのワークスペースをつくります。そしてプロジェクトタイトルを書き込んだり、自分のワークシートを貼り付けたりして、自分のプロジェクトを見える化していきます。
この場で自分のプロジェクトを前に進めたい人は、そのまま自分のスペースで一人作戦カイギしてもよし。自分のスペースに来てくれた人と一緒に作戦カイギするのもよし。応援したい人にスペースに行って一緒に考えるのもよし。自由に場所を移動して、それぞれのプロジェクトについて構想を深める時間となりました。

司会の古瀬さんの声が会場内に聞こえないくらい終盤は盛り上がり、あちらこちらでコラボの話も出ていました。マチでやりたいことへの想いであふれかえった4時間。初対面だった人達がつながり、会場のあちこちで話が盛り上がっていました。

まとめ

最後は全体共有の時間。「自分の話を聞いてくれる場があること、自分の話に興味をもち、聞きに来てくれることが嬉しかった。心があたたまった。」という声もありました。

今回は、やってみたいことを形にすることがテーマでしたが、この場を通じて点と点が繋がってきたように思います。次回の「としまぐらし会議」では、形になったそれぞれのやりたいことを前に進めていきます。みんなのやってみたいことの種がどのように花咲くか、今からワクワクが止まりません。

写真:山越香里

 

としまscope掲載時の情報です(更新日とは異なります)。現時点の情報と異なる可能性がございますため、ご了承ください。

お問い合わせ

更新日:2021年3月30日