ここから本文です。

池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想

池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)は、民間における都市整備構想を発端に、平成9年に策定された豊島区基本計画において「池袋駅線路上空のデッキ広場計画を推進するとともに東池袋と西池袋・池袋方面を結ぶ新たな連絡歩道橋の検討を行う。」と位置づけられました。

これまでの検討や関係事業者との調整等を踏まえ、東西デッキの整備に向けた基本的な方向性などを示すため、平成27年3月、豊島区は池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想を策定しました。今後は、構想に基づき必要な調査を進めながら、池袋副都心の長年の懸案であった東西デッキの整備の具体化に向け関係事業者等との協議を推進するとともに、池袋副都心の再生に向けて取り組んで行きます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年11月28日