ホーム > 区政情報 > 公民連携・重点プロジェクト > 豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン

ここから本文です。

豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン

区が所有する施設の命名権(ネーミングライツ)に関し、適切な導入を図るための基本的方針である「豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン」を策定しました。

ネーミングライツ導入の目的

ネーミングライツの導入を通じて、民間事業者等の支援により施設等の魅力を高めるとともに、新たな財源を確保し、もって社会貢献の促進及び財政の健全化に寄与することを目的とする。

「豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン」の概要

「豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン」は、導入の手続き、命名権料、契約期間、民間事業者等の条件、命名条件、費用負担、契約の解除等について、基本的な方針を定めています。

⇒ガイドライン本文は「豊島区ネーミングライツ導入に関するガイドライン」(PDF:120KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部公民連携推進課長

更新日:2017年11月21日