ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > ハザードマップ > 豊島区洪水・内水ハザードマップ

ここから本文です。

豊島区洪水・内水ハザードマップ

豊島区洪水・内水ハザードマップは、東京都の作成した浸水予想区域図をもとに、大雨によって河川等が増水し、水があふれた場合の浸水予想区域と、浸水深ならびに各地域の避難所を示し、区民の皆さんの避難等に役立つように作成したものです。神田川流域、石神井川及び白子川流域、隅田川及び新河岸川流域の浸水想定から構成されており、降雨の規模は総雨量690ミリメートル・時間最大雨量153ミリメートルを想定しております。
浸水の予想される区域およびその程度は、雨の降り方や土地の形態、河川・下水道の整備状況により変化することもあります。したがって、大雨が降ると、常にこの地図のような浸水があるというものではありませんが、十分注意してください。
大雨の際には、区から避難指示が出る場合もありますので、いざというときに備えて、ご自宅から救援センターまでの経路を確認しておきましょう。

配布場所

防災危機管理課(本庁舎5階)、道路整備課(本庁舎6階)、東部区民事務所、西部区民事務所、各地域区民ひろば

ハザードマップはこちらからダウンロードできます。

豊島区洪水・内水ハザードマップ(PDF:1,901KB)

(注釈)豊島区洪水・内水ハザードマップは令和4年1月発行が最新です。
(注釈2)令和4年4月、西部区民事務所の救援センターとしての機能を一時的に休止しました。
西部区民事務所救援センター休止のお知らせ

豊島区洪水・水内ハザードマップ(令和4年1月発行)について

「豊島区洪水・内水ハザードマップ」(令和3年10月発行)について、道路情報に未更新の部分がありました。誠に申し訳ございません。
そのため、該当部を訂正した「豊島区洪水・内水ハザードマップ」(令和4年1月発行)を発行しました。
なお、浸水深や土砂災害警戒区域等のハザード情報についての変更はありません。ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

【訂正箇所】
豊島区ハザードマップ訂正箇所(PDF:5,621KB)

宅地建物取引業者様からのよくあるご質問

よくあるご質問(PDF:159KB)

お問合せ先

豊島区総務部防災危機管理課訓練グループ

TEL:03-4566-2574

お問い合わせ

防災危機管理課訓練グループ

電話番号:03-4566-2574

更新日:2022年4月12日