ホーム > まちづくり・環境・産業 > 道路 > 道路構造物 > 【ウイロード改修事業】ウイロード地下通路内での公開制作に関するお知らせ

ここから本文です。

【ウイロード改修事業】ウイロード地下通路内での公開制作に関するお知らせ

ウイロード地下通路内での公開制作に関するお知らせ

ウイロード地下通路内での公開制作に関するお知らせ

higashiajiabunkatoshi

美術作家・植田志保氏が、ウイロード地下通路内の壁面描画の公開制作を実施します。池袋東西のまちづくりの架け橋(ウイロード)の再生に挑戦していますので、公開制作状況を是非ご覧下さい。

公開制作期間:令和元年7月3日(水曜日)から令和元年11月まで(予定)

公開制作時間:午前9時から午後5時頃まで(予定)

作業日   : 月曜日から土曜日まで(制作の進捗により作業を中止する場合があります)

公開制作の場所:ウイロード地下通路内(豊島区西池袋1丁目1番)

        公開制作の場所(PDF:149KB)

 

 

 

 

 

 

公開制作状況

koukaiseisaku8

koukaiseisaku9

koukaiseisaku11

koukaiseisaku12

 

ウイロードの再生事業に伴い、ウイロードや池袋にまつわる思い出やエピソードを募集しています

higashiguchigawa  nishigauchigawa

             昭和30年代~40年代のウイロード

 

豊島区では、ウイロードや池袋にまつわる思い出やエピソード、また、過去の写真を募集しています。皆様から頂いたお話をもとに、植田志保氏がウイロードに色で表現していきます。以下のリンク先からエピソードを記入して、送信してください。

思い出やエピソード募集ページへのリンク

 

これまでの軌跡

天井パネルの設置が完了しました

weroadchikadounai

 ウイロードは鉄道橋であるため天井付近からの漏水が多く、止水は困難な状態です。このため、天井パネルで線路からの漏水を受け止める構造としております。これにより、これまでよりも10cm程天井の高さが下がりましたが、天井から滴が垂れることなく利用者が快適に通行できるように改修を行いました。

なお、天井パネルの構造は天井面に固定が出来ない制約があったことから、両側の壁面で天井パネルを支えるアルミハニカム構造を採用しています。

壁面に関しては、ほとんど漏水がないことから一部カバーを設置するのみで既存壁面を活かした改修をこれから行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tenjyoupaneru1

tenjyoupaneru2

 

池袋駅前公園で公開制作を行いました

池袋駅前公園(東池袋1-50-23)にて、多くの方々に見守られながら45枚の天井パネルに描画を行いました。

公開制作期間:平成31年3月8日(金曜日)から令和元年5月31日(金曜日)まで

koukaiseisakusutadio 

koukaiseisakujyoukyou5

koukaiseisakujyoukyou4

 koukaiseisaku3

 

プロフィール

植田氏画像

美術作家植田志保氏

1985年兵庫県生まれ。色に立脚した表現活動を軸に「色」の有機的な働きを捉えた作品群『色のすること』や、対話を通し個人の記憶や意識に潜む「色」を顕在化させる対話描画"In a Flowerscape"をライフワークとして行うなど、多岐にわたる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋駅前公園での公開制作に伴う仮設小屋の設置について

公開制作に伴い、公園内の一部に公開制作用の仮設小屋を以下の期間設置します。期間中は園内利用や周辺の方々にご不便とご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いします。

  • 設置期間(予定):平成31年(2019年)2月から10月まで  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年10月31日