ホーム > 子育て・教育・若者 > としまの教育 > 教育施策 > 区立仰高小学校、池袋本町小学校、清和小学校がインターナショナルセーフスクール国際認証を取得しました

ここから本文です。

区立仰高小学校、池袋本町小学校、清和小学校がインターナショナルセーフスクール国際認証を取得しました

令和2年1月27日(月曜日)に新区民センターにおいて区立仰高小学校、池袋本町小学校、清和小学校の3校でインターナショナルセーフスクール認証式が開催されました。区立仰高小学校、池袋本町小学校は再認証、清和小学校は初認証となります。

「インターナショナルセーフスクール」とは、ケガ及びその原因となる事故、いじめ、暴力を予防することによって、安全で健やかな学校づくりを進める国際認証です。体と心のケガや校内外の事故が少ない安全安心な学校を目指して、子ども、教職員、保護者、地域が一体となり活動する仕組みの整えられている学校が認証され、現在世界で約130の学校・園が認証を取得しています。

認証式典の様子

   R1ISS認証式典1   R1ISS認証式典2

 

セーフコミュニティ公認国際認証審査員をお招きし、3校合同での認証式を新区民センターで開催しました。参加者から、3校の取組について評価をいただくとともに、「子供は地域の宝であり夢でもある。子供たちの安心した笑顔を守るために、これからも地域での声かけや見守りを積極的に行いたい。ISSの取組を通じて、地域と子供がもっともっと顔見知りになることが大切である。普段の地域の活動においても顔見知りになることで、より一層安心安全な街づくりを進めていきたい」といった声が聞かれました。

【問合せ先】庶務課教育施策推進グループ

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2021年1月22日