マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 区からのお知らせ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 特別定額給付金(10万円給付)について

ここから本文です。

特別定額給付金(10万円給付)について

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策として、基準日(令和2年4月27日)に豊島区に住民票のあるかたへ、一律10万円が支給されます。

総務省特設サイト(新しいウィンドウで開きます)

お知らせ

申請書は5月25日より順次お送りしています。郵送申請をご利用ください。

※すでにオンライン申請済の方にもお送りしています。
オンライン申請をご利用の場合、郵送申請は不要ですが、申請書は入金確認まで手元に保管してください。

お早めにご申請ください

豊島区特別定額給付金の申請期限は令和2年8月31日【当日消印有効】です。お早めにご申請ください。

期限を過ぎると申請できませんので、ご注意ください。

7月8日時点で未申請の方には申請書を郵送しています。入れ違いでご申請書を提出いただいている場合はご容赦ください。 

申請書が届いていない方、再発行や転送を希望する方は、下記コールセンターまでお問い合わせ、または下記入力フォームよりお申込みください

特別定額給付金申請書の再送付希望入力フォーム

 申請書記入例・必要な様式について

申請書記入例(Entry example)

申請書の返送先は以下の住所です。
区役所の所在地とは異なりますが、豊島区の事務センターですのでご安心ください。

〒170-8750 豊島区池袋2-65-18 池袋WESTビル3F 豊島区特別定額給付金事務センター

 

代理申請・受給を行う場合は、必要に応じて、委任状、特別定額給付金の代理申請等に係る世帯主との関係申出書をご使用ください。

※申請書の委任欄への記載が可能な場合は、下記委任状は不要です。

※戸籍等の公的な証明書がない場合のみ、下記特別定額給付金の代理申請等に係る世帯との関係申出書をご使用ください。

委任状(PDF:19KB)

特別定額給付金の代理申請等に係る世帯主との関係申出書(PDF:92KB)

特別定額給付金に関する問い合わせ

  • 番号をよくお確かめのうえ、 お掛け間違いのないようお願いいたします。
  • 現在、大変多くのお問い合わせをいただいており、電話がつながりにくくなっております。恐れ入りますが、時間をおいてお掛け直しください。

豊島区 特別定額給付金コールセンター

電話:0120-557-622
(平日・土曜日・日曜日の午前8時30分から午後5時30分まで)

受け取りをお急ぎの方は、日常生活のお困りごとをお受けしておりますので、まずはお問い合わせください。

豊島区特別定額給付金相談窓口

・豊島区役所本庁舎(東京都豊島区南池袋2-45-1)
 平日・土曜日・日曜日の午前8時30分から午後5時まで

・東部区民事務所(東京都豊島区北大塚1-15-1)
 平日の午前8時30分から午後5時まで
 ※窓口の込み具合によっては、受付時間を短縮する場合がございます。 

・西部区民事務所(東京都豊島区千早2-39-16)
 平日の午前8時30分から午後5時まで
 ※窓口の込み具合によっては、受付時間を短縮する場合がございます。

重要なおしらせ

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、窓口の混雑緩和にご協力をお願いいたします。

  • マイナンバーカードの申請から交付までは、通常でも1か月以上かかります。
  • 特別定額給付金の申請書は5月25日より順次発送しておりますので、なるべく郵送申請をご利用ください。
  • ご不明な点については、ご来庁の前に、お問い合わせ先までお電話にてお願いいたします。

申請・給付状況

現在、大変多くの申請が届いております。申請をいただいた順に受付・書類確認を順次行っていますが、申請が集中しており、受付・書類確認に時間をいただいております。ご不便をおかけして申し訳ございません。一日でも早い給付に努めておりますので、ご理解をお願いします。なお、支給が決定した方には、決定通知を送付いたします。

給付進捗状況(7月17日時点)

給付対象世帯数

給付済み世帯数

給付率

180,821

163,103

約90.2%

給付スケジュールについて

下記スケジュールはあくまで目安のため、前後する場合があります。予めご了承ください。

申請内容に不備等がある場合、下記スケジュールとはなりません。

申請時に当区で現に使用している口座を指定した場合は、下記スケジュールよりさらに2週間程度かかる見込みです。

申請書受領日

振込日の目安(書類に不備等のない方)

6月5日まで

6月29日から7月3日頃まで

6月8日から12日まで

7月6日から7月8日頃まで

6月15日から19日まで

7月9日から7月14日頃まで

6月22日から26日まで

7月16日から7月21日頃まで

6月29日から7月3日まで

7月23日から7月27日頃まで

7月6日から7月10日まで

7月28日から8月4日頃まで

(注)申請書をポストに投函してから、事務処理センターに届くまで、2~3日程度かかる見込みです。

(注)同じ日に投函された場合でも、到着時刻が前後する等の事情により、振込が同じ日になるとは限りません。

(注)申請時に不備があった場合は通知をお送りしていますので、再度申請を行ってください。

(注)口座振込予定日は、支給手続きが完了次第、順次発送する決定通知書に記載されています。決定通知書が届きましたら、内容をご確認ください。

(注)振込時にエラーが発生した場合は通知をお送りしていますので、再度申請を行ってください。軽微なエラーにつきましては、ご連絡せず、区で修正対応しております。その場合は、スケジュール通りの振込とならないことがございますので、あらかじめご了承ください。

事業の概要

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されているかた

受給権者(給付金を受け取るかた)

給付対象者の属する世帯主のかた

給付額

給付対象者1名あたり10万円

申請書の発送予定時期及び給付開始日

申請書は5月25日より順次発送しております。

給付については、オンライン申請の場合は5月下旬より、郵送申請の場合は6月上旬より順次お振込みを開始しています。
申請から給付までの期間は、申請を受け付けてから概ね3週間から4週間程度かかる見込みです。
申請が集中した場合や申請内容に不備があった場合は、さらに日数を要する場合があります。

特別定額給付金事業における発達障害のある方向けのご案内について

申請書の提出に不安のある方、だまされないか心配など、発達障害のある方だけでなく、申請に不安や心配のある障害のある方にもわかりやすいご案内です。ぜひ、参考にしてください。

申請方法

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を原則とします。

(1)郵送による申請

5月25日から、順次、給付対象者が印字された申請書を送付しています。

【申請に必要なもの】

  1. 申請書(記入済みのもの)
  2. 振込先口座の確認書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し、インターネットバンキングの画面の写し等)
  3. 本人確認書類(顔写真付きマイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等) の写し
    ※本人確認書類についてはこちらもご参照ください。 

(2)マイナンバーカードを活用したオンライン申請

オンライン申請は5月7日(木曜日)から受付を開始しています。
※アクセスが集中し、つながりにくくなる場合があります。

マイナンバーカードをお持ちの世帯主のかたのみ申請可能です。

  1. ご自身のパソコンやスマートフォンからマイナポータルにログインをして「ぴったりサービス」画面から申請をしてください。
  2. マイナポータルから振込先口座など必要事項を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、申請してください。(マイナンバーカードに搭載された電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です)

【申請に必要なもの】

  1. 顔写真付きマイナンバーカード(署名用電子証明書が格納されたものに限る)
  2. マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)(※1)
  3. ICカードリーダライタ、またはカード情報を読取り可能なスマートフォン(※2)
  4. 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(※3)

(※1)署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。

(※2)対応しているスマートフォンの機種については、下記 FAQ をご参照ください。
https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?category_id=3&site_domain=default(新しいウィンドウで開きます)

(※3)振込先口座情報の確認書類のアップロードが必要です。

マイナポータルへのログインの手順などは、以下のページでご確認ください。

給付方法

原則として、申請者ご本人の名義の銀行口座へ振り込みます。
なお、銀行口座をお持ちでないなど、真にやむを得ない場合に限り窓口での取り扱いをする予定です。
手続について詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

ご注意ください

特別定額給付金に関して、豊島区から区民の皆様へ電話やメールで口座番号や暗証番号等をたずねることはありません。
ご自宅や職場等に豊島区や総務省等をかたった電話や郵便、メール等が届いた場合は、警察にご連絡ください。

よくある質問

特別定額給付金のよくある質問についてはコチラから(PDF:217KB)

総務省特設サイト内「よくある質問」もご覧ください。

豊島区ではいつから申請できますか?

5月25日(月曜日)から、順次、給付対象者が印字された申請書を送付しています。
オンライン申請については、5月7日(木曜日)から受付を開始しています。

申請後、どのくらいで給付金を受け取れますか?

申請を受け付けてから概ね3週間から4週間程度かかる見込みです。
申請が集中した場合や申請内容に不備があった場合は、さらに日数を要する場合があります。

オンライン申請をしたのに申請書が送られてきました。どうすればよいのでしょうか。

申請書はすべての世帯にお送りしています。すでにオンライン申請済みの方は、郵送申請は不要です。
申請から入金まで3週間から4週間程度かかりますので、入金確認までお手元に保管してください。

最近転入(転出)したのですが、どちらの自治体に申請するのですか?

基準日(令和2年4月27日)時点での住民登録地に、その自治体から申請書が郵送されます。

親族による代理申請はできますか?

同居親族の場合は、代理申請、および受給が可能です。
ただし、申請書は、基準日(令和2年4月27日)時点で住民登録のある世帯主あてに送付します。

代理申請について

1.代理申請・受給ができる者の範囲
(1)令和2年4月27日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
(2)法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人など)
(3)親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている者等で区が特に認める者

2.代理人の本人確認及び本人と代理申請する者との間の代理関係の確認
代理人が給付金の受給の申請をするときは、当該代理人は申請書に加え、原則として以下の書類の提出が必要です。
(1)委任状(申請書の委任欄への記載を含む。)
(2)代理人の本人確認書類
(3)申請権者との間の代理関係がわかる書類

当該代理人の本人確認ができなかった場合又は本人と代理申請・受給する者との間の代理関係を確認できなかった場合には、申請を受け付けられません。

現在、一時的に住所票の住所とは違う住所にいるのですが、申請書をその場所へ送ってもらえませんか?

日本郵便の転送サービスをご利用いただくことで、郵便物を居所へ転送してもらうことができます。
最寄りの郵便局またはインターネットでお申し込みができます。
転居・転送サービス - 日本郵便(新しいウィンドウで開きます)

郵便の転送ができない特別の事情がある場合は、別住所へ申請書をお送りします。
問い合わせ先までご相談ください。

DV(家庭内暴力)が原因で、住民登録とは異なる場所に住んでいます。

配偶者からの暴力を理由に避難しているかたで、事情により令和2年4月27日以前にお住まいの市区町村に住民票を移すことができなかった場合は、届出を行うことにより、ご本人が特別定額給付金を受け取ることができます。
詳細は下記リンクをご参照ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金について

問い合わせ先 DV相談専用電話 電話:03-6872-5250

銀行口座を持っていませんが、給付金を受け取ることはできますか?

真にやむを得ない場合に限り、窓口での給付を行う予定です。

【オンライン申請】マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまいました。

暗証番号の再設定が必要となります。マイナンバーカード担当窓口へお越しください。
詳細についてはこちらをご覧ください。

※現在、窓口が大変混雑しております。なるべく郵送申請をご利用ください。

多言語広報(for Foreigners)

総務省による特別定額給付金のご案内(チラシ)です。

やさしい日本語

総務省による特別定額給付金のご案内(チラシ)です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2020年7月28日