ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン巡回接種の流れ

新型コロナウイルスワクチン巡回接種の流れをご紹介します。
※区民ひろば西巣鴨第一の巡回接種の様子をもとに作成しております。実施場所により詳細が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※許可を得て撮影しております。一般のかたにおかれましては、ワクチン接種会場は撮影・録音禁止ですのでご注意ください。

区民ひろば来場の際の注意事項

巡回接種で区民ひろばにご来場のかたは、以下の事項にお気を付けください。

  • 駐車場がありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。
  • 来場する際は必ず靴下を着用してください。

巡回接種の流れ

区民ひろばの入口

お越しいただく際は、必ず、予約した時間帯にお越しください。
※早めにお越しいただいた場合は、外でお待ちいただく可能性があります。

入口

入口2

 

入り口のサーマルカメラで検温

マスクの有無も確認し、サーマルカメラで検温します。37.5℃以上あると入場できません。
館内は土足禁止のため、靴を脱ぎ靴箱に入れてください。入口の手指の消毒を行ってください。

検温

サーマルカメラ

下足入れ

脱ぎ履きしやすい靴でお越しください。
館内では靴下を着用してください。

消毒

アルコール消毒

スタッフの指示に従い進んでください。

全体

受付で予約の確認、本人確認等

受付で1.予約の確認、2.本人確認・持ち物の確認を行います。

持ち物

  • 接種クーポン券
  • 予診票(あらかじめ記入済のもの)
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証※など)
  • 服薬中のかたは「おくすり手帳」

※万が一ワクチン接種後に搬送された場合のため、できるだけ健康保険証をお持ちください。

受付

予診票の内容の確認

予診票の内容を確認します。すべての項目に回答されているか、チェックします。

予診票確認

看護師による問診

予診票を見ながら、接種可能な健康状態かどうか確認します。

看護師の問診

医師による問診

看護師による問診後、医師による問診を受けます。体調や持病などを確認し、接種可能な状態かどうか予診します。
できるだけ接種前にかかりつけ医に接種の可否を確認をしていただくとスムーズです。

医師の問診

看護師による接種

本人確認後、アルコール過敏症の有無を確認、注意事項を伝達しワクチンを接種します。
接種は上腕に行います。肩まで出しやすい服装(半袖や袖なしの服の上にカーディガンなどがおすすめです)でお越しください。
接種終了後、接種券シールの台紙に、ワクチンのロット番号のシールが貼られます。

接種

スタッフに呼ばれたら入室してください

接種部屋

接種は仕切られた小部屋で実施します

注意事項

利き腕と反対側に接種します

接種済証のお渡し

接種券シールの台紙に、接種年月日と接種場所が押印されます。また、経過観察の時間も記載されます。

接種済

健康観察の様子

健康観察スペースを用意していますので、ワクチン接種後15分程度お座りいただき、体調確認します。アレルギー等お持ちの方は30分程度健康観察いたします。

 

健康観察

時間

15分程度椅子に座り安静にしてください

ベッド

具合が悪くなった場合は横になれます(スタッフに申し出てください)

終了

健康観察が終わり次第、各自ご帰宅ください。
なお、所要時間は約30分です(状況により前後する場合があります)。

 

お問い合わせ

保健福祉部新型コロナウイルスワクチン接種担当課長

更新日:2021年6月4日