マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した方へ

ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した方へ

積極的な接種の勧奨を差し控えている間に、定期接種の対象年齢を過ぎて、原則令和4年3月末までに子宮頸がん予防ワクチンを既に自費(任意接種)で受けた方に、予防接種単価分(上限あり)の費用助成を実施します。

対象者

以下の全てに該当する方

  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
  • 令和4年4月1日時点で豊島区に住民登録がある方

※令和4年4月1日時点で他自治体に住民登録があった方は、転入前の自治体へお問い合わせください。

  • 16歳となる日の属する年度の末日までに、定期接種において3回の接種を完了していない方
  • 17歳となる日の属する年度の初日から、原則令和4年3月末までに、2価及び4価ワクチンを実費で接種した方

申請方法等

申請期限

令和7年3月31日まで

申請方法

下記必要書類により、池袋保健所健康推進課窓口にて申請(ご申請からお振込みまでは、2か月程度かかる場合がございます。)

必要書類

※書式をダウンロードして使用、または窓口にてお渡しいたします。

  • 医療機関発行の領収書(原本)

※接種回数およびワクチン単価のわかるもの。

  • 接種記録を確認できる書類

※母子健康手帳、接種済証、接種済みの記載がある予診票など。上記がない場合は、任意接種償還払い申請用証明書(PDF:28KB)をダウンロードして使用。

  • 申請に来る方の本人確認書類(健康保険証、自動車運転免許証など)

窓口で申請兼口座振替依頼書を記入される場合は、下記を合わせてお持ちください。

  • 印鑑(朱肉を使用するもので、スタンプ式でないもの)
  • 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカード




お問い合わせ

保健予防課予防対策グループ

電話番号:03-4566-4115

更新日:2023年1月31日