まち全体が舞台の誰もが主役になれるまち

toshima international city of arts & culture

豊島区は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

sustainable development goals

ホーム > 区政情報 > 重点プロジェクト > としまのいま > 新着情報一覧 > 豊島区立トキワ荘マンガミュージアム 特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」

ここから本文です。

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」

チラシ

展示1

9月18日(土曜)より、トキワ荘マンガミュージアム(南長崎3-9-22)にて、特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」を開催しています。
9月17日(金曜)には、記者発表およびプレス内覧会を開催し、高野之夫豊島区長、かつてのトキワ荘の住人でマンガ家の水野英子先生が参加しました。
会見の場では、水野英子先生がトキワ荘で過ごした当時の思い出やエピソード等をたくさんお話してくださいました。

記念撮影
左から高野之夫豊島区長、水野英子先生

展示概要

【①トキワ荘のマンガ家たちによる少女マンガ作品リスト】
トキワ荘の9人のマンガ家たちが描いた少女マンガ作品を新たに調査し、手塚治虫が入居した1953年から、山内ジョージがトキワ荘を去った1962年までの10年間に絞り、少女マンガ作品リストを制作展示します。

 

【②少女マンガ試行錯誤の時代】
トキワ荘にマンガ家たちが住んでいた「1953年から1962年」の少女マンガに焦点をあて、当時の雑誌を展示し、どのようなマンガ家たちが活躍し、どのように変化していったかをご紹介します。

 

【③トキワ荘の少女マンガ】
トキワ荘のマンガ家たちが描いた作品を、直筆・複製原稿や当時の雑誌などを用いて、少女マンガの世界感の中でご紹介します。
また、少女マンガ編集者であり「少女クラブ」編集長でもあった丸山昭とマンガ家たちの絆や、「いずみあすか」「U・マイア」名義の合作マンガもご覧いただけます。

見どころ

少年マンガは男性が、少女マンガは女性が描くもの、という印象を持っている人はけして少なくないと思います。
しかし、トキワ荘のマンガ家は多くが男性。では、一体だれが少女マンガを描いていたのでしょうか?

実はトキワ荘に住んでいたほぼすべてのマンガ家が少女漫画を描いていました。 

本展では、トキワ荘の各マンガ家による少女マンガの一部を、直筆・複製原稿や、掲載誌・単行本などでご紹介するとともに、新たに調査した作品リストを展示いたします。
また、トキワ荘の9人の先生方が描いた少女マンガ作品を改めて調査したリストの展示も大きな見どころの一つです。
当時の少女向け雑誌ではどのような作家が活動されていたのか、その状況などもあわせてご覧いただけます。

本展を通じて、トキワ荘のマンガ家たちの新たな魅力を知っていただける企画展です。

今回も企画展に合わせた限定グッズをミュージアム内で販売しております。
ポストカードや複製イラスト画のほか、自分で名入れのできる記念メダル2種を限定500個ご用意いたしました。
その他のグッズも順次追加予定です。

展示2
展示の様子1

展示3
展示の様子2

展示4
記念メダル2種

日程

 令和3年9月18日(土)~令和3年12月5日(日) ※ミュージアムHPからの予約優先制

開館時間

10時~18時(入場は17:30迄)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始

料金

特別観覧料(グッズ付き):大人500円、小中学生100円、未就学児・障がい者手帳をご提示の方及び介助者(1名まで)無料

主催

豊島区

後援

公益財団法人としま未来文化財団

協力

トキワ荘協働プロジェクト協議会/明治大学 米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館

企画制作

手塚プロダクション

公式HP

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム(新しいウィンドウで開きます)

更新日:2021年9月24日