まち全体が舞台の誰もが主役になれるまち

toshima international city of arts & culture

豊島区は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

sustainable development goals

ホーム > 区政情報 > 重点プロジェクト > としまのいま > 新着情報一覧 > 豊島区立トキワ荘マンガミュージアム 特別企画展「鉄腕アトム ―国産初の30分テレビアニメシリーズ―」

ここから本文です。

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
特別企画展「鉄腕アトム ―国産初の30分テレビアニメシリーズ―」

チラシ

令和3年12月18日(土曜)より、トキワ荘マンガミュージアム(南長崎3-9-22)にて、特別企画展「鉄腕アトム ―国産初の30分テレビアニメシリーズ―」を開催しています。
12月17日(金曜)には、記者発表会およびプレス内覧会を開催し、高野之夫豊島区長、株式会社手塚プロダクション松谷孝征代表取締役社長が出席しました。
会見の場では、松谷孝征代表取締役社長が鉄腕アトムのアニメ放映にあたっての制作秘話や当時の思いを語ってくれました。

記念撮影
左から高野之夫豊島区長、松谷孝征代表取締役社長

展示概要

1963年1月1日、アニメ「鉄腕アトム」の放送が開始されました。本作品は、未来世界を舞台に、七つの力を持つロボット少年・アトムが活躍する物語であり、日本のアニメーションの歴史を一変させた金字塔のひとつとして知られています。

手塚治虫は、当時一般的だったアニメの制作方法を見直し、徹底的な省力化を図った新たなシステムを考案します。さらに、すでに子どもたちの人気を得ていたマンガ「鉄腕アトム」を原作とすることで、それまで不可能と思われていた国産初の30分テレビアニメシリーズの制作に成功しました。アニメ「鉄腕アトム」は1963年から1966年までに193本が制作され、最高40.3%、平均25%の高視聴率で人気番組となりました。

本企画展では、当時の貴重な資料を展示するとともに、制作方法もあわせてご紹介していきます。

【第一章】手塚治虫の新たなアニメ制作システム

国内のアニメーションは劇場公開用か数分の短編しか作られていなかった1960年代初頭、手塚は日本で一般的だった「フル・アニメーション」の制作方法ではなく「リミテッド・アニメーション」に自身の考えを加えた新たなスタイルを考案します。30分間のテレビアニメシリーズを実現させた画期的な手塚の制作アイデアを紹介します。

【第二章】テレビアニメシリーズ「鉄腕アトム」始動

マンガ「鉄腕アトム」を原作に制作された日本初の30分テレビアニメシリーズは、1963年の放送開始と同時に社会的なブームを起こしました。アメリカを皮切りに海外でも放送され、日本のみならず世界各国の子どもたちにも人気を博しました。当時の資料や複製セル画を展示し、制作の様子や手塚のアニメにかける思いを紹介します。

見どころ

貴重な制作資料を展示

絵コンテや台本など、約60年前の貴重な資料を展示し、アニメ「鉄腕アトム」制作の様子やスタッフの思いをご紹介します。また、セル画が制作されなくなった現在ではあまり見ることのできない、当時と同じ手法で作られた“複製セル画”により一部のストーリーをご覧いただきます。

鉄腕アトム第一話の上映

1963年放送の「鉄腕アトム」第一話を館内にて上映します。

アトムと写真が撮れるフォトスポット

  • 企画展示室入口…アトムと一緒に白黒テレビに入って撮影できるコーナー
  • 2階…デビューから70年を記念したアニバーサリーコスチュームのアトムのパネルと撮影できるコーナー

圧巻のマンガラウンジとオリジナルグッズの数々

ミュージアム1F、企画展示室の目の前にあるマンガラウンジでは、今回の企画展に合わせて、特別に連載当時のふろくなど、貴重な作品の数々を所狭しと配架します。この他、本企画展オリジナルグッズや記念メダルも販売しています。

 

展示の様子1
展示の様子1

展示の様子2
展示の様子2

展示の様子3
展示の様子3

来場者特典など

入館特典グッズ(缶バッジ)は全部で10種類!入館時にお一人様につき一つ、ランダムでお渡しします。絵柄はアニメ「鉄腕アトム」劇中のワンカットを使用したもので、1点だけカラーのものがあります。当時、白黒の映像で放送されていた「鉄腕アトム」になぜカラーのカットがあるのかは、館内の展示を見てみましょう!

また、「鉄腕アトム×トキワ荘マンガミュージアム」オリジナルグッズを販売中です。

今回の特別企画展のために制作した、限定グッズとなっています。2階で販売している記念メダルは、自分で好きな日付や文字を入れることもできます。是非ご覧ください!

 

缶バッジ
入館特典グッズ(缶バッジ)

記念メダル
記念メダル

2021年から3年間は、アトムアニバーサリーイヤー!

2021年はアトムのデビューから70周年!
1951年から連載がはじまったマンガ「アトム大使」でアトムはデビューを果たしました。
しかし、この時はまだ、主人公ではありませんでした。

2022年はアトムが初めてマンガの主役になってから70周年!
1952年からアトムを主人公にむかえたマンガ「鉄腕アトム」の連載がスタートしました。

2023年はアトムが初めてアニメ化されてから60周年!
1963年からテレビアニメシリーズ「鉄腕アトム」の放送がスタートしました。

今後、アトムの誕生日(4月7日)にちなんだイベントなどを実施予定です。
※イベントの詳細・参加方法はトキワ荘マンガミュージアムのHPにてご案内します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント内容は変更となる場合があります。

手塚治虫略歴

本名:手塚治。1928年11月3日、大阪府豊中市生まれ。大阪大学医学附属専門部を卒業し、医師免許取得。医学博士。1946年「マアチャンの日記帳」でデビュー。
しばらくは、宝塚でマンガ家として活動していましたが、1952年には東京へ拠点を移し、1953年初旬にトキワ荘に入居。約2年間を過ごしました。1947年「新寳島」が大ヒット。以来、日本のストーリーマンガの確立に尽くしました。また、アニメーションの世界でも、大きな業績を残しています。
代表作に「鉄腕アトム」をはじめ「リボンの騎士」「火の鳥」「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」等があります。1989年、60年の生涯をとじました。

開催場所

トキワ荘マンガミュージアム(南長崎3-9-22)

日程

令和3年12月18日(土曜)~令和4年4月10日(日曜)
※トキワ荘マンガミュージアム専用サイトからの事前予約優先制

開館時間

10時から18時(入場は17時30分迄)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日、ただし12月27日は開館)・年末年始(12月29日~1月3日)

料金

特別観覧料(グッズ付き):
大人500円、小中学生100円、未就学児・障がい者手帳をご提示の方及び介助者(1名まで)無料

主催

豊島区

後援

公益財団法人としま未来文化財団

協力

トキワ荘協働プロジェクト協議会

企画制作

株式会社手塚プロダクション

専用サイト

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム(新しいウィンドウで開きます)

更新日:2021年12月24日