ここから本文です。

消費生活展

事業の概要・沿革

区内の消費者団体が日頃の活動成果を展示発表する場として、昭和48年から毎年開催しており、平成30年で第46回目を迎えました。
食品添加物、健康、省エネ、リサイクルから環境問題まで、消費生活における身近な問題や疑問、くらしに役立つちょっとした工夫など、消費者の立場からわかり易く紹介することで消費生活の向上と啓発を図ることを目的としています。

平成30年度・第46回豊島区消費生活展開催されました!

日時:平成30年9月21日(金曜日) 午前10時から午後5時まで

会場:としまセンタースクエア(豊島区役所1階)

テーマ:考えよう!つくる責任・つかう責任

 朝から、残念なことに雨模様。そんなことにはくじけないで、気合を入れて「消費生活展」開催です!

30消費生活展生活クラブ

 北東京生活クラブ生協まち豊島

「リターナブルびんから環境を考える」

 びん詰のトマトケチャップは絶品!

 

 

 

30消費生活展計量検定

東京都生活文化局 計量検定所

手の感覚で100gを当てるゲーム。ピタリ賞はなかなかでません。

単純だけど毎回楽しいゲームです。 

 

 

  

30消費生活展ゆいまある30消費生活展ゆいまある作品 

牛乳パックで小物作り。綺麗な和紙とのコラボレーション。なんと無料で体験できました。

30消費生活展遊佐ノ市

山形県遊佐町「遊佐ノ市」

豊島区との友好都市遊佐町から、はるばる来てくれました。

安心、安全、しかもおいしい野菜がたくさん!

隣は宮城ふるさとプラザ。対面は焼き立てのパン屋さん。

思わず、買い過ぎてしまいます。

 

30立川がじら落語

 落語で悪質商法の手口、対処方法をお伝えします。

「悪質業者に気をつけろ!」

「仮想通貨ビビットコインでひと儲け?!」

私は大丈夫って思っている方!すでにだまされているのに、気が付いていないのかも。

 

その他、遺伝子組み換え食品について学べたり、防災対策の情報、健康チェックも行えました。

区からはクールチョイスやフードドライブの取組みについてのエコな情報。

先着800名に配付しました、としまななまるのエコバックはこれからの買い物にも使えます。

来てよかった、知ってよかったの目白押し。来年も、お待ちしております。 

実施状況・実績

26年度

27年度

28年度

29年度

30年度

メイン・テーマ 「生活の知恵」集めてつなごう未来へ人へ キミのセレクトで未来は変わるよ 次世代へ渡そうとしまのすこやかライフ みんなのくらし、どう選ぶ?どう守る? 考えよう!つくる責任・つかう責任
参加団体 16団体 14団体 15団体 17団体 20団体
来場者数 714人 659人 786人 771人 718人
開催場所 区民センター 区民センター としまセンタースクエア としまセンタースクエア としまセンタースクエア
開催期間 11月14日(金曜日)から15日(土曜日) 10月30日(金曜日)から31日(土曜日) 9月16日(金曜日)から17日(土曜日) 9月22日(金曜日) 9月21日(金曜日)

 

お問い合わせ

更新日:2018年11月15日