ホーム > 文化・観光 > 生涯学習 > 学習・講座 > としま生涯学習人材バンク

ここから本文です。

としま生涯学習人材バンク

指導者・講師希望のかたを登録しています。

豊島区では区民の生涯学習活動を支援するために、指導者・講師希望のかたを「としま生涯学習人材バンク」に登録しています。NPO法人(特定非営利活動法人)・一般企業からも希望を受けて登録しています。

ご利用にあたって

利用対象

次のいずれかに該当する場合は、登録および「としま生涯学習人材バンク」情報の利用ができません。

  • (1)営利を目的とする場合
  • (2)特定の政党その他の政治団体の利害に関する場合
  • (3)公の選挙に関し特定の候補者を支持し、又はこれに反対する場合
  • (4)特定の宗教もしくは特定の教派・宗派・教団を支持し、又はこれに反対する場合
  • (5)公の秩序又は善良な風俗を害するおそれのある場合
  • (6)その他、としま生涯学習人材バンク登録の目的に反すると認められる場合

ご注意

  • 登録内容は、登録者の申請によるものです。
  • 登録内容についてのお問い合わせは、登録者に直接行なってください。
  • 情報の利用によって損害が生じた場合、学習・スポーツ課は一切の責任を負いません。
  • 講座主催者は、講座会場の申し込み手続き・会場使用料・講師料など必要な経費の負担が必要となります。
  • 依頼をする場合は、講座主催者と登録者が必ず事前に打ち合わせを行ない、講座目的・日程・会場・謝礼・材料費・交通費・食事代・準備物などについての確認をお勧めします。

指導者や講師を依頼するには

交渉・契約

交渉・契約などについては、「としま生涯学習人材バンク」登録者と利用者との当事者間に委ね、学習・スポーツ課は一切の責任を負いません。

トラブルを避けるため、事前の打ち合わせで決まった下記の1から7を紙面で相互に確認されることをお勧めいたします。

  1. 日程
  2. 会場
  3. 時間
  4. 講座の目的
  5. 講座対象者
  6. 準備するもの
  7. 諸経費(謝礼・交通費・食事代・材料費など)

講座開催に必要な経費の負担

登録者への謝礼・会場使用の申し込み・使用料など講座開催に必要な経費は、依頼者側がご負担ください。

指導者・講師を希望されるかたへ

登録要件

指導者・講師の登録は、区民の生涯学習活動を支援する意思のあるかたで、次のどちらかの要件が必要になります。

  • (1)行政機関が過去に指導者・講師として依頼したことのある個人・団体
  • (2)各種の技能、知識を有し、過去3年以内に指導実績がある個人・団体

登録方法

必要書類を学習・スポーツ課生涯学習グループカウンター(南池袋2-45-1 7階)までご持参いただくか、郵送、ファクス、メールでお送りください。

登録要件に適合している個人・団体を2年間登録します。

継続して登録をご希望のかたは、2年後の承認日までに再申請が必要です。
(申請がない場合には、としま生涯学習人材バンクの登録が取り消しとなります。)

必要書類

  1. としま生涯学習人材バンク登録申請書
  2. 指導実績を証明する講師依頼書やチラシ・おたよりなどのコピー
  3. 資格・免許を証明するコピー
    (注釈)指導の様子がわかる写真などがあればご提出ください。

登録後の変更・取り消し

以下の事由に該当する場合は、登録の内容を更新・変更、または取り消します。

  • (1)当該個人から申し出があった場合
  • (2)登録の内容を偽り、または誤りを知っていて訂正を申し出なかった場合
  • (3)その他、としま生涯学習人材バンクの趣旨に反する行為があった場合
  • (4)登録して2年後に再申請がない場合

報告書の提出

依頼を受けた場合、講座実施後に報告書を学習・スポーツ課生涯学習グループカウンター(南池袋2-45-1 7階)までご持参いただくか、郵送、ファクス、メールでご提出ください。

美術・手工芸・諸芸・娯楽

絵手紙・ステンドグラス・茶道・園芸・書道・写真・娯楽(としま生涯学習人材バンク)

音楽・舞踊・演劇

コーラス・合唱・小唄・三味線・童謡・大正琴・カラオケ・ボイストレーニング・ダンス・演劇(としま生涯学習人材バンク)

教養

詩・日本史・郷土史・文化・ハングル・話しかた・パソコン・自然科学(としま生涯学習人材バンク)

市民生活

高齢者・政治学習・料理・食育・着付け・地域活動(としま生涯学習人材バンク)

教育

幼児教育・子育て・青少年(としま生涯学習人材バンク)

健康・運動

ストレッチ・ヨガ・ダンベル体操・エアロビクス(としま生涯学習人材バンク)

その他

その他(としま生涯学習人材バンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2015年7月23日