ホーム > まちづくり・環境・産業 > 自然・エネルギー > 緑化 > 緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

ここから本文です。

緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

豊島区では、都市部におけるヒートアイランド対策の一環として、平成18年度より区立小学校をモデルに「緑のカーテン」づくりを始めました。室内を涼しくするだけでなく、子ども達が自然の偉大さを知り、緑の大切さを学びながら、地球温暖化防止に貢献できる機会としての環境教育へつなげています。

現在では区民ひろばなどの区施設でも取り組みが広がり、緑のカーテンを通じたコミュニティ形成にもつながっています。

実績

区立学校

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成18年度

10校

約424

平成19年度

10校

約471

平成20年度

13校

約575

平成21年度

15校

約732

平成22年度

20校

約549

平成23年度

27校(注釈)

約1,110

平成24年度

23校

約862

平成25年度

21校

約951

平成26年度

18校

約1,090

平成27年度 17校 約514
平成28年度 13校 約577

(注釈)震災の影響により、節電対策として「グリーンウォール」に取り組んだ小学校・中学校も含まれています。

区内公共施設

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成20年度

2施設

約60

平成21年度

15施設

約892

平成22年度

52施設

約965

平成23年度

46施設

約1,317

平成24年度

59施設

約1,571

平成25年度

55施設

約1,579

平成26年度

53施設

約1,728

平成27年度 49施設 約912
平成28年度 50施設 約1,407

28年度の「緑のカーテン」の様子

区民ひろば目白

区民ひろば目白

 

ひろば清和第一

区民ひろば清和第一

 

要小

要小学校

 

こどもスキップ朋有

子どもスキップ朋有

 

お問い合わせ

更新日:2016年12月19日