マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 羽田空港の機能強化について

ここから本文です。

羽田空港の機能強化について

国は、国際競争力の強化や外国人旅行者の受け入れなどのため、2020年3月29日から羽田空港において新飛行経路の運用を開始しました。
新飛行経路は、南風好天時の到着便で、15時から19時のうち、経路の切り替え時間を除く3時間程度の間、豊島区上空を通過します。

外部サイトへリンク羽田空港のこれから(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

豊島区上空を通過する新飛行経路図はページ下方をご覧ください(こちらをクリックするとジャンプします)。

新飛行経路の騒音測定結果、運航便数、部品欠落等の情報は国土交通省ホームページで公表されています。
新飛行経路 定期運用報告 騒音測定結果・航跡(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

航空機騒音に関すること、落下物対策に関すること、その他羽田空港の機能強化に関することに関するお問い合わせ先はこちらです。

  • 国土交通省「羽田空港のこれから」に関する電話窓口
    0570-001-160、0570-001-596(IP電話からは03-5908-2420

    【受付時間】7:00~20:00(土日祝祭日を含む)
  • 国土交通省 東京航空局東京空港事務所 環境・地域振興課
    03-5757-3032 
    【受付時間】9:00~18:00(平日のみ)

新飛行経路の運行情報

国は、羽田空港に離発着する航空機に関する飛行コース及び航空機騒音測定局で測定した騒音値について公開しています。
詳しくは以下のページをご覧ください。

羽田空港飛行コースホームページ(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

騒音測定について

新飛行経路の騒音発生状況について、国、都、区はそれぞれ騒音測定を実施しています。
詳しくは以下のページをご覧ください。

羽田空港の新飛行経路の飛行に伴う騒音の測定について

2020年度羽田空港見学会の開催について NEW

国は、現状の羽田空港の運航等について理解していただくことを目的として、地域住民を対象とした見学会を開催します。

見学会では管制塔(展望室)、滑走路周辺などの視察が予定されています。

募集要項や応募方法などについては、国土交通省ホームページをご覧ください。

国土交通省東京航空局ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

羽田空港見学会のチラシ(PDF:686KB)

羽田空港における飛行検査の実施について 

国は、航空機の安全運航を支える空港保安施設等の信頼性を常に確保するため、飛行検査を実施しています。
飛行検査は、通常の離着陸ルートだけでなく、検査のための特殊なルートを飛行します。また、高度についても低高度で飛行する場合があります。

飛行検査の詳細ついては以下のページをご覧ください。

羽田空港飛行検査に関する情報提供について(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

豊島区内での説明会の開催について

豊島区内でこれまでに行なわれた説明会

豊島区内ではこれまでに、以下のとおり説明会が行なわれました。 

  •  地域説明会
    来場者が座席に座り、説明者(国)が説明する、いわゆる教室型のような方式
開催日 時間 会場
2019年5月31日(金曜日) 午後7時から午後8時30分まで 椎名町小学校 体育館(南長崎4-30-5)
2019年6月7日(金曜日) 午後7時から午後8時30分まで

千早地域文化創造館多目的ホール(千早2-38-7)

 

開催日 時間 会場
2016年6月3日(金曜日) 13時から19時まで 西部区民事務所(千早2-39-16)
2016年6月5日(日曜日) 11時から17時まで 南長崎第四区民集会室(南長崎4-29-1)
2017年3月24日(金曜日) 14時から19時まで 南長崎第四区民集会室(南長崎4-29-1)
2018年1月27日(土曜日) 11時から16時まで 西部区民事務所(千早2-39-16)
2019年1月8日(火曜日) 15時から19時まで としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)
2019年1月26日(土曜日) 13時から17時まで 南長崎第四区民集会室(南長崎4-29-1)
2020年1月8日(水曜日) 17時から20時まで としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)
2020年1月13日(月曜日・祝日) 14時から17時まで 千早地域文化創造館多目的ホール(千早2-39-7)
2020年1月14日(火曜日) 14時から17時まで としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)

 

  •  情報発信ブース(展示説明)
    飛行機の映像や音を体験できる機器、タブレット端末によるQ&Aの閲覧等の展示を自由にご覧いただく方式
開催日 時間 会場
2017年11月27日(月曜日)
~11月29日(水曜日)
10時から19時まで
(11月29日は10時から17時まで)
としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)
2018年6月26日(火曜日)
~2018年6月28日(木曜日)
9時から19時まで
(6月28日は9時から14時まで)
としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)

今後の説明会について

国は、2019年秋以降、オープンハウス型の説明会を基本としつつ、地域の事情も踏まえ、関係自治体と調整したうえで住民説明会を開催するとしています。
区からは、国に対して教室型の説明会を開催するよう要望しております。
説明会の開催時期等につきましては、広報としまやホームページなどでお知らせいたします。

 飛行経路

豊島区上空を通過する飛行経路は、下図のとおりです。
この経路を航空機が通過するのは、南風好天時の到着便で、15時から19時のうち、経路の切り替え時間を除く3時間程度です。

経路図(全体)

豊島区を拡大すると、下図のとおりです(図をクリックすると拡大ファイルが開きます)。

経路図
クリックするとファイルが開きます。(PDF:1,161KB)

南風時新飛行経路の高度引き上げ(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

制限表面の変更について

空港の周辺においては、航空機の離着陸の安全を確保するため、航空法の規定に基づき建築物等の高さを規制する「制限表面」が設定されています。
国は、2020年3月29日からの新飛行経路の運用開始に伴い、「制限表面」の変更をしました。

詳しくは「空港周辺における建物等設置の制限(制限表面)」(国土交通省ホームページ)をご覧ください。

この変更により、新たに豊島区の一部において、制限表面が295メートルに設定されます。
なお、区内で一番高い建物であるサンシャイン60と比較すると約30メートル高い位置です。
※羽田空港の地盤面からの高さ

新飛行経路の実機飛行による確認 終了しました

国は、羽田空港の新飛行経路の運用開始に向け、1月30日から2月12日の期間内に、北風・南風それぞれ7日間において実機飛行による確認を行ないました。

詳しくは、国土交通省ホームページをご確認ください。

実機飛行確認の実施について(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

羽田空港の新飛行経路の実機飛行による確認(南風運用)が終了しました(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

国は、実機飛行による確認に併せて、航空機の騒音測定を行ないました。結果は国土交通省のホームページで公表されています。

騒音対策について(国土交通省東京航空局ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

国が実施した騒音測定の結果の報道発表は以下のページです。

羽田空港の実機飛行確認における騒音測定結果を公表いたします(新しいウィンドウで開きます)

東京都も航空機騒音の測定を行なっており、結果は東京都環境局のホームページで公表されています。

航空機騒音対策(東京都環境局ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

新飛行経路の運用開始について

2019年8月8日に国は、2020年3月29日より新飛行経路の運用を開始し、羽田空港において国際線を年間約3.9万回増便することを発表しました。

豊島区上空を通過する新飛行経路はページ下方をご覧ください(こちらをクリックするとジャンプします)。

詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。

8月8日国土交通省報道発表ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

飛行経路案の一部修正について

2016年4月19日に、国は、これまでに行なった説明会で寄せられた意見等を踏まえて、全体の環境影響をできるだけ小さくするため、着陸の際の進入高度を引き上げ、飛行経路の一部を東側に移設した修正案(南風時の到着便の一部が東長崎駅付近の上空を南北に通過する案)を示しました。

飛行経路図はこちらをご覧ください。

羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討経緯(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

会議

(1)「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」の設置【国土交通省】

平成25年10月、首都圏空港の更なる機能強化に資する技術的な選択肢を洗い出すため、国土交通省内の交通政策審議会航空分科会基本政策部会の下に、「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」が設置され、平成26年7月に中間取りまとめが公表されました。

外部サイトへリンク首都圏空港機能強化技術検討小委員会(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

(2)「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」の設置【国土交通省】

平成26年8月、関係自治体や航空会社等の関係者間で協議を行うため、「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」が設置されました。協議会は、国、関係自治体(関係都県、政令市等)、有識者、航空会社等により構成され、東京都副知事及び特別区長会会長等がメンバーとなっています。

外部サイトへリンク首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

(3)「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会」の設置【東京都】

「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」の設置と同日、都及び関係区市で情報共有や意見交換を行い、協議会に反映させる目的で「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会」が設置されました。

外部サイトへリンク羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(東京都ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

令和元年7月30日に第1回が開催されました。詳しくは以下のページをご覧ください。

羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(第1回)(東京都ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

(4)「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」の設置【国土交通省】

平成27年3月、羽田空港の機能強化に係る理解促進のための具体的手法及びプロセスについて検討する「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」が設置されました。

外部サイトへリンク羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議(新しいウィンドウで開きます)

豊島区の対応

区は、都及び関係区市連絡会に参加して情報収集を行なうとともに、国に対して騒音対策と安全対策の徹底を求めるとともに、適時適切な情報提供と区民目線に立った丁寧な説明を求めています。

熊本空港発JAL632便の金属片落下事案への対応

区は、平成30年5月24日に起きた金属片落下事案をうけ、平成30年5月30日に、国土交通大臣に対して以下の要請を行ないました。

  • 本件事案の徹底的な原因究明
  • 再発防止策の徹底
  • これらに関する情報公開の徹底

詳しくはこちらのページをご覧ください。

関西国際空港発KLM868便の部品落下事案への対応

区は、平成29年9月23日に起きた部品落下事案をうけ、平成29年9月26日に、国土交通省航空局長に対して以下の要請を行ないました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2020年9月1日