ここから本文です。

介護保険事業計画

1.介護保険事業計画

区市町村には、介護保険法第117条により、介護保険事業計画の策定が義務付けられています。

「豊島区介護保険事業計画」は、老人福祉法に規定する「市町村老人福祉計画」並びに介護保険法に規定する「市町村介護保険事業計画」の性格をもつものです。

また、区の基本構想および基本計画における地域保健福祉の推進にかかる理念や基本的な方針を定める「豊島区地域保健福祉計画」の、高齢者保健福祉分野および介護保険事業における具体的な施策とその目標を示すものです。

さらに、高齢者保健福祉の推進に向けて、行政はもとより区民、事業者、福祉医療団体等が、それぞれの役割分担のもとで、協働、連携して取り組むための指針としての性格も持っています。計画は3年ごとに改定します。

2.豊島区介護保険事業計画推進会議

介護保険事業計画推進会議は、介護保険に関する施策の円滑な推進を図るために設置されました。介護保険事業計画の進行管理、介護保険サービスの円滑な提供や適切な利用の促進等について審議するほか、介護保険事業に関する重要な事項について意見を具申します。

委員は、学識経験者、被保険者、保健医療関係者、社会福祉関係者、事業者などで構成され、任期は3年以内です。

イメージ写真

3.介護保険アンケート調査

高齢者の生活実態等を把握するとともに、介護サービスの利用状況や利用意向、介護保険以外のサービスニーズ、介護保険制度等に対する被保険者の意識・要望、健康状態や介護予防に関する取り組み等を地域別に把握・分析し、介護保険事業計画の策定に向けて必要となる基礎資料を得ることを目的に実施しています。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年3月1日