ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 日常生活の援助 > 日常生活用具・住宅改修費の給付

ここから本文です。

日常生活用具・住宅改修費の給付

原則として在宅の心身障害者(児)および難病等のかたに、日常生活用具等を給付します。事前にぞれぞれの窓口にご相談ください。

対象

  • 身体障害者(児)のかた
  • 知的障害者(児)のかた
  • 精神障害者(児)のかた
  • 難病等のかた

障害程度、年齢等の条件により受けられる給付に制限があります。詳しくは給付種目をご覧ください。

対象とならない場合

  • 世帯の所得が一定以上の場合
  • 介護保険等の他の制度で給付される場合
  • 申請前に日常生活用具の購入または住宅改修を開始した場合

利用者負担

  • 用具価格(基準額)の3%を負担していただきます。
  • 非課税世帯のかたは用具価格(基準額)までは自己負担がありません。

給付種目

1.介護・訓練支援用具

種目 対象となる障害程度 対象年齢 その他の条件
特殊寝台 下肢または体幹機能障害1級・2級、難病等のかた 学齢児以上

 難病等:寝たきりの状態にあるかた

特殊マット 下肢または体幹機能障害1級(児童は2級まで)、難病等、愛の手帳1度・2度のかた 3歳以上 難病等:寝たきりの状態にあるかた
特殊尿器 下肢または体幹機能障害1級、難病等のかた 学齢児以上

常時介護を要するかた

難病等:自力で排尿できないかた

入浴担架

(洋式・和式)

下肢または体幹機能障害1級・2級のかた 3歳以上 入浴に介助を要するかた
体位変換器 下肢または体幹機能障害1級・2級、難病等のかた 学齢児以上

下着交換に介助を要するかた

難病:寝たきりの状態にあるかた

移動用リフト 下肢または体幹機能障害1級・2級、難病等のかた 3歳以上  難病:下肢又は体幹機能に障害のあるかた
訓練イス
(児童のみ)
下肢または体幹機能障害1級・2級のかた 3歳以上18歳未満  

2.自立生活支援用具

種目 対象となる障害程度 対象年齢 その他の条件
入浴補助用具 下肢または体幹機能障害1級~6級、難病等のかた 3歳以上 入浴に介助を要するかた
便器(排泄支援用具) 下肢または体幹機能障害1級・2級、難病等のかた 学齢児以上  難病等:常時介護を有するかた
頭部保護帽 身体障害1級~6級、愛の手帳1度・2度、精神障害のかた 制限なし 頻繁に転倒し、頭部を強打する恐れのあるかた
T字杖・棒状の杖 平衡機能・下肢・体幹機能・内部障害1級~6級、難病等のかた 制限なし 杖の使用により歩行機能を補うことが可能となるかた
移動・移乗支援用具 平衡機能または下肢もしくは体幹機能障害1級~6級、難病等のかた 3歳以上

家庭内の移動等で介助を要するかた

難病等:下肢に障害のあるかた

温水温風便器 上肢機能障害1級・2級、難病等、愛の手帳1度・2度のかた 学齢児以上  難病等:上肢機能に障害のあるかた
火災警報器 火災発生の感知または避難が困難な身体障害1級・2級、愛の手帳1度・2度のかた 制限なし 障害者のみの世帯
自動消火装置 火災発生の感知または避難が困難な身体障害者1級・2級、難病等、愛の手帳1度・2度のかた 制限なし

障害者のみの世帯、難病患者のみの世帯

電磁調理器 視覚障害1級・2級、知的障害1度・2度、肢体不自由1級・2級(下肢・体幹は1級のみ)のかた 18歳以上 障害者のみの世帯(知的障害は除く)
歩行時間延長信号機用小型送信機 視覚障害1級・2級のかた 学齢児以上  
屋内信号装置 聴覚障害1級・2級のかた 18歳以上 聴覚障害者のみの世帯

浴槽

(湯沸器を含む)

下肢・体幹障害1級・2級のかた 学齢児以上  

湯沸器

(個別給付)

下肢・体幹障害1級・2級のかた 学齢児以上  
音響案内装置 視覚障害1級のかた 学齢児以上  

3.在宅療養等支援用具

種目 対象となる障害程度 対象年齢 その他の条件
透析液加温器 じん臓機能障害1級~4級のかた 3歳以上 自己連続携行式腹膜潅流法による透析療法を行うかた
ネブライザー
(吸入器)
呼吸機能障害等3級以上、難病等のかた 制限なし その他、呼吸器機能障等を要因に医師が意見書で日常生活上必要と認めるかた
電気たん吸引器 呼吸機能障害等3級以上、難病等のかた 制限なし
音声式体温計 視覚障害1級・2級のかた 学齢児以上  
音声式体重計 視覚障害1級・2級のかた 18歳以上  
動脈血酸素飽和度測定器
(パルスオキシメーター)
呼吸器機能障害のかた、難病等のかた 制限なし 人工呼吸器の装着が必要なかた、在宅酸素療法を受けているかた
音声血圧計 視覚障害1級・2級のかた 18歳以上  
空気清浄器 呼吸器機能障害3級以上のかた 18歳以上  

4.情報・意思疎通支援用具

種目 対象となる障害程度 対象年齢 その他の条件
携帯用会話補助装置 音声言語機能障害・肢体不自由のかた 学齢児以上 音声言語の著しい障害を有するかた
情報・通信支援用具 上肢機能障害または視覚障害1級~6級のかた 制限なし  
点字ディスプレイ 視覚障害1級・2級 学齢児以上  
点字器 視覚障害1級~6級のかた 制限なし  
点字タイプライター 視覚障害1級・2級のかた 制限なし 就労・就学しているか、就労の見込まれるかた
ポータブルレコーダー
(録音再生機・再生専用機)
視覚障害1級・2級のかた 学齢児以上  
視覚障害者用活字文書読上装置 視覚障害1級・2級のかた 学齢児以上  
視覚障害者用拡大読書器 視覚障害1級~6級のかた 学齢児以上  
視覚障害者用時計 視覚障害1級・2級のかた 学齢児以上  
聴覚障害者用通信装置 聴覚障害2級~6級のかた、音声言語機能障害のかた 学齢児以上  コミュニケーション、緊急連絡等の手段として必要と認められるかた
聴覚障害者用情報受信装置 聴覚障害2級~6級のかた 制限なし  本装置によりTVの視聴が可能になるかた
フラッシュベル 聴覚障害・音声言語機能障害3級以上のかた 学齢児以上  
会議用拡聴器 聴覚障害4級以上のかた 学齢児以上  
携帯用信号装置 聴覚障害・音声言語機能障害3級以上のかた 学齢児以上  
人工喉頭 音声言語機能障害のかた 制限なし 喉頭摘出されたかた

5.排泄管理支援用具

種目 対象となる障害程度 対象年齢 その他の条件
ストーマ装具
(紙おむつ含む)
ストーマ造設、高度の排便・排尿機能障害1級~4級のかた(脳性麻痺、二分脊椎)のかた 制限なし  紙おむつは3歳以上
収尿器 高度排尿機能障害のかた 制限なし  

 6.点字図書

種目 対象となる障害程度 対象年齢 備考
点字図書 視覚障害1~6級のかた  制限なし  一般図書の購入価格相当額は自己負担

窓口

身体障害のかた

  • 障害福祉課身体障害者支援第一・第二グループ
    電話番号03-3981-2141、03-4566-2442、ファクス03-3981-4303
  • 東部障害支援センター
    電話番号03-3946-2511、ファクス03-3943-9763
  • 西部障害支援センター
    電話番号03-3974-5531、ファクス03-3959-8260

知的障害のかた

障害福祉課知的障害者支援グループ
電話番号03-3981-1853、ファクス03-3981-4303

障害のあるお子さん(難病等を含む)

障害福祉課知的障害者支援グループ(児童担当)
電話番号03-3981-1853、ファクス03-3981-4303

精神障害のかた・難病患者等のかた

障害福祉課精神障害者福祉グループ
電話番号03-3981-1988、ファクス03-3981-4303

お問い合わせ

更新日:2020年7月17日