ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 放課後事業 > 学童クラブ > 学童クラブの利用について

ここから本文です。

学童クラブの利用について

学童クラブとは

学童クラブとは、保護者の就労・疾病等の理由により、放課後帰宅しても適切な保護を受けられない小学生のために設けられたもので、集団生活を通してこれらの児童の自立と健全な育成を支援することを目的としています。

概要など詳しくは下記をご覧ください。

学童クラブについて

利用案内

ここでは1年生から6年生までの学童クラブに利用申請している場合の、子どもスキップ利用内容を説明しています。

対象

豊島区在住または当該小学校に区域外就学を許可された小学生で、保護者が次のような状況にある場合です。

  • 保護者が働いている。
  • 保護者が病気やけがで治療している。
  • 保護者が心身に障害をもっている。
  • 保護者が同居家族の看護・介護をしている。
  • その他、上記に準ずる状態にある。

詳細については以下をご覧ください。

保護者の状況による利用資格について

<注釈>

1ヶ月あたりの就労日数・1日あたりの就労時間等が少ない場合は対象とならないことがあります。ご不明な点は事前に放課後対策課または各学童クラブにご確認ください。

所在地 施設一覧

基本の

利用時間

平日:放課後から午後6時まで(土曜日は午後5時まで)

学校休業日:午前9時から午後6時まで(土曜日は午後5時まで)

延長利用

9時前利用:午前8時15分から午前9時(学校休業日・土曜日)

延長利用:午後6時から午後7時(平日のみ)※1~3年生まで

  • 就労時間(通勤時間含む)が午前9時から午後6時以外にかかり、その時間の保育が必要な方が対象です。
  • 利用には別途申請が必要です。
利用料

基本利用:月額4,000円

9時前利用:年額1,000円

延長利用:月額1,000円

  • 原則として口座振替です。利用月の月末にご指定の口座より引落となります。
  • 月の途中の利用辞退、利用開始でも日割り計算はいたしません。
  • 世帯の所得状況等により、減額・免除の制度があります。減免決定後に遡及還付します。
間食費

月額1,000円

  • 午後5時以降利用されるかたで間食を希望する場合は、利用料とは別に、毎月学童クラブへ現金で納めてください。(間食費は保護者の私費会計です。)
  • 間食費の半額を区が補助する制度があります。
  • 申し出により半月分を返金します。
登録等

毎年度ごとに必要書類による利用申請が必要です。

審査後に利用可否などの決定を通知します。

学童クラブの利用は1施設のみです。

休業日 日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)
帰宅時間等 スキップの職員が連絡帳などで出欠や帰宅時間の予定などを確認して管理します。
送迎

原則不要(延長利用の場合は、お迎えが必要です。)

お弁当 学校休業日・長期休業期間などには、弁当や水筒を持参。

障害のある

お子さんの

利用について

障害のあるお子さんが学童クラブを利用される場合は、障害児等保育審査委員会にて、お子さんの障害の状況や施設での受入れ方法などを総合的に検討して安全に集団生活が送れるかどうかを判断し(必要があれば体験期間を設けて)、利用の可否を決定いたします。

あらかじめご了承ください。
詳しくは、放課後対策課または利用を希望する学童クラブへお問い合わせください。

入会手続きについて

入会手続きについては、以下のページをご覧ください。

学童クラブの入会手続きについて

お問い合わせ

更新日:2017年12月1日