ここから本文です。

保育料

保育料の金額

毎月の保育料は、平成27年4月からは特別区民税所得割額等により決まります。

下記の保育料基準表をご覧ください。

保育料基準表

また、保育料の算定基準年度は、年度の途中で変わります。

 4~8月分:前年度の住民税

 9~3月分:今年度の住民税

 

毎月1日に保育園に在籍している場合は、その1か月分の保育料を納めていただきます。

保育料は日割り計算しませんので、月の途中で退園しても1か月分の保育料がかかります。

やむを得ず長期欠席となった場合も保育料は必要となります。

 

納入方法

<認可保育園>

保育料は原則として口座振替により納入していただきます。

入園決定時に「口座振替依頼書」をお渡ししますので、金融機関にて手続きをお願いします。その際、金融機関の承諾印が押された「口座振替(自動払込)納付届」(下部に『区保管用(2枚目)』と書かれているもの)を返却された場合は、入園グループに提出してください。

 <地域型保育施設>

保育料の支払期限・方法は、各施設により異なります。

(注釈)振替口座の変更の場合は、再度「口座振替依頼書」を提出してください。

    「口座振替依頼書」は入園グループおよび区内認可保育園にあります。

保育料の減額・免除

保育料の支払いが困難な方は、以下のような場合、保護者からの申請で保育料が減免される場合があります。条件により、必要書類と減額期間が異なります。詳しくは、事前に入園グループへご相談・お申し出ください。

 

  1. 生活保護を受けた場合
  2. 今年度区民税(市町村民税)が非課税、減免、徴収猶予、納期の延長となった場合
  3. 今年中に、災害、盗難、横領による損失を受けた場合
  4. 今年中に、多額の医療費を支出した場合
  5. 今年中に、稼働能力のない世帯員が増えた場合 

   ※住民税法上適用となる扶養控除の対象となる者が増えた場合

   (例:老人扶養控除 ※年少扶養控除は対象外となりました。)

 6.今年中に、主たる働き手が失業した場合

 7.世帯の前3か月の平均収入月額(賞与を除く)が、前年の平均収入月額(賞与を除く)より1割以上低額になった場合(3か月を限度、再申請可能)
(注釈)育児休業給付金を受けている場合を除く。(保険証で確認します。)

 8.同一世帯内に、次の手帳の交付を受けているかたがいる場合

  • 身体障害者(児)手帳1から2級
  • 愛の手帳1から3度
  • 精神障害者保健福祉手帳1から3級  

 9.未婚ひとり親の場合(税法上の寡婦・寡夫控除に該当しない方で児童扶養手当を受給している方)

 10.生計を一にする別世帯の兄弟がいる場合

(注釈)減免の適用の可否については、提出書類等を基に保育料を再計算し決定します。必ずしも減免されるわけではありません。保育料の決定後、通知書にて適用の可否をお知らせします。

(注釈)保育料の減免の適用は、「保育料減額願」他必要書類を提出された月の翌月からとなります。

(注釈)同時期に2つの減額を受けることはできません。

 

次の申請書はダウンロードできます。

 ・[申請書ダウンロード] 保育料減額願

 

保育料滞納の場合

保育料は、保育園運営の貴重な財源となっています。納付期限を過ぎても決められた保育料が納入されない場合、督促を行ないます。

その他、入園係の職員が保育園での徴収、戸別訪問による徴収、また、差押えなどの滞納処分を行なうことがあります。

 

保育の停止

入園児童のけが・病気のため月の初日から末日まで1か月間通園できないと見込まれるときは、2か月間に限り保育を停止することができます。診断書を添えて、事前の相談と「保育停止願」の提出が必要です。『停止』が認められれば、停止期間の保育料を支払う必要はありません。月途中での適用はありません。

  1. 保育料についての特例的な措置です。事前の届け出が必要です。
  2. 入園児童のけが・病気以外の家庭の事情(里帰り出産を含む)で休む場合は、この制度(保育の停止)の適用はありません。
  3. 2か月間を超えて休む場合は、退園していただきます。

次の申請書は、ダウンロードできます。

 ・[申請書ダウンロード] 保育停止願

お問い合わせ

更新日:2018年10月1日