ホーム > 公共施設案内・施設予約 > 公園ガイド > 染井よしの桜の里公園

ここから本文です。

染井よしの桜の里公園

 豊島区駒込は、江戸時代に園芸の里として発達し、染井通りの一帯は植木屋が集まって住んでいた地域として有名です。今や全国的に植樹されている桜「ソメイヨシノ」は、ここ染井の地から広まっていきました。
 染井よしの桜の里公園は、銀行の跡地を取得し、近隣住民の皆さんと検討を重ねながら計画した公園です。
 公園の隣の土地には苗床があります。地元の桜の枝を接いだ接木苗を苗床で栽培し、成長したら区内の施設だけでなく全国へと送り出し、発祥の地・染井産の「ソメイヨシノ」を発信していく予定です。

施設情報

所在地

駒込6-3-1

最寄駅

JR巣鴨駅・JR駒込駅

面積

2,705.58平方メートル

開園

平成21年4月

染井よしの桜の里公園

更新日:2015年2月25日