ホーム > 文化・観光 > 文化 > 文化財 > 刊行物 > 文化財パンフレット

ここから本文です。

文化財パンフレット

 豊島区の文化財展

2005年から2014年まで毎年秋に行った「豊島区の文化財展」のパンフレットです。区内の遺跡の発掘調査からわかったことを、テーマをたてて紹介しています。 (A5版、8ページ)  豊島区の文化財展2014リーフレット

    

テーマ
2014 豊島区の大名屋敷
2013 豊島区の発掘調査25年
2012 江戸の玩具と子どもの世界
2011 江戸を照らしたあかりの道具 在庫切
2010 江戸時代の巣鴨をあるく
2009 鬼子母神と料理茶屋
2008 谷端川流域にひそむ遺跡
2007 発掘された中世の長崎
2006 掘り出された藤堂家染井屋敷
2005  弥生時代の豊島区

  

 花名所の担い手たち ~染井の植木屋と大名屋敷~

 花名所の担い手たち 駒込三丁目から七丁目にかけて広がる染井遺跡は、豊島区内の
遺跡のうちで、最大の面積を誇り、旧石器・縄文・弥生・古墳・室町・江戸時代までをふくむ複合遺跡です。
 染井遺跡でもっとも特徴的なのは、多くの花々を栽培した「染井の植木屋」と、広大な庭園をもつ「藤堂家染井屋敷」でした。
 このパンフレットでは、遺跡調査から判明した「染井の植木屋」と「藤堂家染井屋敷」について解説しています。

(A4版、4ページ)
 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上記のパンフレットは、豊島区役所本庁舎7階の文化財グループ(9番)で配布しています。

 

お問い合わせ

更新日:2017年4月12日