ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 特別養護老人ホーム

ここから本文です。

特別養護老人ホーム

介護保険の要介護認定で「要介護3から5」と認定されたかたで、自宅で介護サービスを受けながら生活することが困難なかたが入所し、介護、健康管理、療養上の世話、機能訓練、長期の生活支援を受ける生活施設です。入院治療が必要な状態では利用できません。要介護度に応じた介護費、居住費、食費等の自己負担があります。低所得者等に対する介護費、居住費、食費の減額制度があります。
なお、「要介護1から2」と認定されたかたでも、一定の条件を満たす場合は入所対象となります。下記「特例入所対象者」を参照してください。

利用を希望するかたは、特別養護老人ホーム入所申込書により、施設に直接お申込みください。

以前は、入所申込みは毎年更新のため、再申請が必要でしたが、平成27年12月から一度申請をすれば再申請が不要となりました。住所、介護度などの変更、入所申込みの取り下げは、施設への連絡が必要です。下記「特別養護老人ホーム入所申請の変更について」を参照してください。

「申込書」「優先入所基準」は、各高齢者総合相談センター・各特別養護老人ホームに配置されています。

内容について、詳しくは担当ケアマネジャー・各特別養護老人ホーム・各高齢者総合相談センターにご相談ください。

特例入所対象者

介護保険の要介護認定で「要介護1から2」と認定されたかたで、下記の1から4の条件のいずれかに該当する方は、「特例入所対象者」として入所の対象となります。

  1. 認知症である者であって、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られる。
  2. 知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等が頻繁に見られる。
  3. 家族等による深刻な虐待が疑われること等により、心身の安全・安心の確保が困難な状態である。
  4. 単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により家族等による支援が期待できず、かつ、地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分であること。

特例入所対象者として申し込む場合は、通常の申込書に加えて、「特例入所用申込書」の提出が必要になります。
「特例入所用申込書」は、原則として担当しているケアマネジャーによる記入が必要です。
また、該当する条件によっては、手帳の写しなどの添付書類が必要になります。

医療行為等がある方の受け入れ一覧表

医療行為等を受けている方の特別養護老人ホームの受け入れ一覧表です。特別養護老人ホームを選ぶ際の参考にしてください。
ご本人の状況、医療処置の内容、施設の受け入れ状況により入所できない場合もあります。

(参考)医療行為等がある方の受け入れ一覧(PDF:48KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2017年5月22日