ホーム > 区政情報 > 電子サービス > 豊島区 オープンデータ

ここから本文です。

豊島区 オープンデータ

1 オープンデータとは

 オープンデータとは、「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」です。

 つまり、誰でも許可されたルールの範囲内で自由に複製・加工や頒布などができるデータをいいます。もちろん商用としても利用可能です。

「人口統計」や「公共施設の場所」などをはじめとした様々な公共のデータを、ユーザ(市民、民間企業など)に有効活用していただき、社会経済全体の発展に寄与することを目的として、世界中で同様の試みに取り組まれています。

2 意義・目的

(1)行政の透明性・信頼性の向上

(2)公的データの共有及び協働による地域課題の解決

(3)地域経済の活性化

(4)行政における業務の高度化・効率化

3 著作権の取扱い

本ページで公開されているデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示2.1日本ライセンスの下に提供されています。 

CC_banner(新しいウィンドウで開きます) 

  • 本ページに記載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータをもとに、二次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータをもとに作成したものに、豊島区のデータを利用していることを表示してください。

 当ライセンスは、下記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、「豊島区公式ホームページについて」の取り扱いに準じてください。

4 免責事項

(1)コンテンツは予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。

(2)データの内容の完全性、正確性、網羅性、特定の目的への適合性等について、本区は一切の保証しません。

(3)データを利用したことにより損害を被った場合は、本区は一切の責任を負いません。

5 データカタログ

ダウンロードしたいデータの種類のボタンをクリックし、各リンク先から必要なデータをダウンロードしてください。
Opendata List 00All 01Facility 02Traffic 03DisasterPrevention 04Architecture 05Environment 06Culture 07Sightseeing 08Child 09Education 10School 11Consultation 12HumanRights 13Welfare 14Health 15Region 16Other 17GIS 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2018年4月4日