ホーム > 区政情報 > 公民連携・重点プロジェクト > 公共施設のPPP/PFIについて

ここから本文です。

公共施設のPPP/PFIについて

概要

平成27年12月に内閣府が制定した「多様なPPP/PFI手法導入を優先的に検討するための指針」を受け、豊島区では「豊島区PPP/PFI手法導入優先的検討ガイドライン」に基づき、整備費10億円、運営費1億円(年間)以上の公共施設等の整備・改修事業については、PPPやPFIの導入を優先的に検討することとしています。

PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)

公民連携事業のこと(例:新庁舎整備事業、旧庁舎跡地活用事業、指定管理者制度など)

PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)

PFI法に基づく民間資金・ノウハウを活かした公共施設整備・運営手法のこと

豊島区PPP/PFI手法導入優先的検討ガイドライン

豊島区PPP/PFI手法導入優先的検討ガイドライン(PDF:104KB)

PPP/PFI手法導入検討事業

事業名 事業規模 検討結果
池袋保健所仮移転事業 精査中 検討中
旧第十中学校跡地活用等事業 精査中 検討中

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部施設計画担当課長

更新日:2018年1月19日