ここから本文です。

納付の方法

保険料のお支払いは、口座振替が原則となります。

口座振替では、指定された預貯金口座から自動的に引き落としされます。そのため、コンビニエンスストアや金融機関に行く手間がかからず、保険料の納め忘れの心配もありません。ぜひ、口座振替をお申し込みください。

先着順でクオカードプレゼント!平成30年度国民健康保険料口座振替新規申込キャンペーンを実施中!

口座振替の申込み方法

「ペイジー口座振替受付サービス」を利用しての申込み

専用端末でキャッシュカードを読み取り、暗証番号を入力することで簡単に申し込みができるサービスです。預貯金通帳や金融機関届出印は必要ありません。なお、この方法で手続きができるのは、指定する預貯金口座の口座名義人ご本人に限ります。

【※】生体認証付カードや、引き落とし制限がされているカードは使用できません。

  • サービス対象金融機関
    みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、きらぼし銀行、ゆうちょ銀行、巣鴨信用金庫、東京信用金庫、城北信用金庫、興産信用金庫、朝日信用金庫、東京シティ信用金庫、西京信用金庫

  • 申し込みに必要なもの
    1. サービス対象金融機関のキャッシュカード
    2. 国民健康保険の記号番号がわかるもの(保険証・保険料の通知書・領収書など)

 

  • 申し込み場所
    国民健康保険課、区民事務所

 

  • 振替開始月
    申し込み月の翌月期分から開始します。

「口座振替依頼書」による申込み

口座振替依頼書に必要事項を記入し、金融機関届出印を押印のうえ、国民健康保険課の窓口でご提出いただくか、郵送でお送りください。口座振替依頼書は、国民健康保険課、区民事務所に備えてあります。

  • 窓口での申込み…下記の3点をお持ちのうえ、国民健康保険課へお越しください。
  1. 国民健康保険の記号番号がわかるもの(保険証・保険料の通知書・領収書など)
  2. 預貯金通帳
  3. 金融機関届出印
  • 郵送での申込み
    ご連絡いただければ、「口座振替依頼書」を郵送いたします。
    口座振替依頼書に必要事項を記入し、金融機関届出印を押印のうえ、国民健康保険課へご郵送ください。

 

  • 振替開始月
    申込みの2か月後から開始します。ただし不備などにより2ヵ月後以降の開始となる場合があります。

世帯の状況によっては、口座振替の対象外となる可能性があります

  • 約3か月以内に国民健康保険をやめる予定がある世帯など

詳細は、国民健康保険課資格・保険料グループへお問い合わせください。

振替について

振替月は毎月末日です。ただし、末日が金融機関などの休業日の場合は、翌営業日となります。

振替ができなかったとき

口座残高が不足していて振替ができなかったときは、次回の振替分とあわせて再振替します。振替できない回数が3回続いたときは、口座振替の登録が取り消しになります。

領収書・通知書について

口座振替された保険料について、領収書は発行されません。毎月の引き落とし金額は、国民健康保険課よりお送りする「豊島区国民健康保険料決定通知書」や「豊島区国民健康保険料変更通知書」でご確認ください。引き落とし結果については、通帳記帳によりご確認ください。

毎年12月下旬に「国民健康保険料口座振替済のおしらせ」のハガキを郵送し、その年の1月から12月のあいだに口座振替された保険料の金額や総額をお知らせします。ただし、納付書で納付いただいた分や引き落とし後の還付金額は反映されませんのでご注意ください。

口座振替をご利用のかたへ ご注意

  • ご指定の口座から、同一世帯で国民健康保険にお入りのかた全員分の保険料の合計を引き落とします。
  • ご指定いただく口座は、世帯主以外のかたや、国民健康保険に入っていないかたの口座でもご利用できます。
  • 世帯全員が国民健康保険をやめ、その後再度国民健康保険に入った場合、やめる前の口座から引き落としをさせていただきます。引き落としを希望されな場合は、お申し出ください。
  • 指定できる口座は世帯で1口座です。

納付書による納付

口座振替ができない場合は、所定の納付書でお支払いください。

保険料の納付期限は毎月末日です。ただし、末日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日となります。

なお、納付書を紛失しても、国民健康保険課か区民事務所の窓口で再発行ができます。その際は、保険証または本人確認書類をお持ちください。また、電話でご連絡いただければ再度納付書をお送りします。

  • 納付書でお支払いできる機関
  1. 特別区指定金融機関
  2. 特別区公金収納取扱店(銀行・信用金庫・信用組合・東京都、山梨県および関東各県所在のゆうちょ銀行)
  3. 豊島区役所銀行派出所
  4. 豊島区役所3階公金納付窓口
  5. 区民事務所の窓口
  6. コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでの納付

お支払いが可能なコンビニエンスストア
くらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルKサンクス、スリーエイト、生活彩家、セーブオン、セブン-イレブン、デイリーヤマザキ/ヤマザキデイリーストアー、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン(50音順)、MMK設置店(一部のNEWDAYSではお取り扱いできません)

 

以下の場合はコンビニエンスストアでのお支払いはできません。金融機関や区役所などでお支払いください。

  • 納付書にバーコードが印刷されていない納付書
  • 納付書1枚あたりの額面が30万円を超える場合

 

コンビニエンスストア収納代行業務委託について

モバイルレジでの納付

コンビニ納付用バーコードが印刷されている、30万円以下の納付書については携帯電話からも納付できます。

豊島区での取り扱いは、株式会社NTTデータが提供している「モバイルレジ」を利用し、携帯電話から納付ができるサービスです。利用方法は下記のとおりです。

  • ご利用したい金融機関にモバイルバンキングの利用申込みを行ないます。
    利用可能な金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行(平成30年4月より三菱UFJ銀行に変更予定)、東京都民銀行、楽天銀行、巣鴨信用金庫などその他地方銀行や信用金庫です。詳しくは金融機関へお問合せください。
  • 初回のみ携帯アプリをダウンロードします。
    申込み方法については、下記リンクの「NTTデータのホームページ」でご確認ください。
  • パケット通信料がかかります。

モバイルレジへのホームページ画像

クレジットカードによる納付

ヤフー株式会社が運営する「Yahoo!公金支払い」を利用し、自宅のパソコン、携帯電話からクレジットカード情報などを入力することにより納付ができるサービスです。窓口でのクレジットカードの使用はできません。

用意するものは、納期限前の納付書とクレジットカードです。

なお、納付金額に応じた決済手数料がかかります。

納付方法及び決済手数料の詳細は、下記リンクにてご確認ください。

「税目・料金名から探す」の「国民健康保険」→「関東」の「東京都」→「東京都」の「豊島区国民健康保険料」とお進みください。

Yahoo!公金支払い(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2018年9月3日