ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 豊島区の食品ロス削減対策について > 食べきり協力店の取組みの様子を紹介します

ここから本文です。

食べきり協力店の取組みの様子を紹介します

令和2年2月25日に、豊島区食べきり協力店に登録いただいた

座・ガモールクラシック鴨台食堂(おうだいじきどう)様を訪問しました。

 座・ガモールクラシック鴨台食堂ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

西巣鴨の大正大学構内にある学生食堂ですが、一般の方でもご利用いただけます。

 食べきり協力店についてはこちらのページで紹介しています

店舗入り口の様子

oudaijikidou4

oudaijikidou12

oudaijikidou8

oudaijikidou20

店舗入り口には区の食品ロス啓発ポスターほか、

区が発行した食べきり協力店登録証を掲示いただいておりました。

各テーブルの様子

9

また、各テーブルにはこのように区の食品ロスPOPを掲示いただいております。

店舗内写真

oudaijikidou10

oudaijikidou11

oudaijikidou7

8階という高層階のため非常に眺望がよく、

とても明るい空間のなかでお食事いただけます。

メニュー写真

oudaijikidou3

oudaijikidou6

今回鴨台食堂様に独自に考案いただいた食べきりメニューの

「食べきり9種のひとくちランチ」です。 

サイズはひとくちサイズでしたが、9品もあるため、

食べ応えがあり、量が少なくてもとても満足できるメニューでした。

※仕入れの状況により、食材、メニューに変更がある場合があります。

oudaijikidou5

こちらは通常のランチメニュー「霧島高原黒豚ステーキ」です。

※仕入れの状況により、食材、メニューに変更がある場合があります。

鴨台食堂支配人様コメント

お客様のご要望で、ごはんを軽く盛るなど、量の調節に対応しています。

また、今回の食べきりメニューを考案する際は、

単に量を少なくするだけではなく、お客様に満足してもらうことを考えました。

店舗の食材の在庫状況を見て、少量で多くの種類の、その時に合わせたメニューを

お客様に提供することで食品ロス削減につながればと思います。

また、当店では新潟県佐渡島産コシヒカリや、鹿児島県霧島高原黒豚のように、

地域の食材を使ったメニューを提供することで、地方創生にも協力しています。

問い合わせ

ごみ減量推進課事業推進グループ 03-3981-1142


 

 

更新日:2020年2月27日