ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > ハクビシンの被害について

ここから本文です。

ハクビシンの被害について

豊島区内でハクビシンが目撃されています。ハクビシンは見かけただけでは心配ありませんが、野生動物なのでエサをあげたり触ったりしないようにしましょう。

ハクビシンの特徴

体の特徴

ハクビシン

  • 全長は約90~110cm
  • 体重は約3~4kg
  • 額から鼻筋にかけて白い帯がある
  • 尾が長く、体の長さとほぼ同じ
  • 指は5本

行動

  • 夜行性で、木登りが得意
  • 雑食性で、果実やトウモロコシなどの野菜、小動物、昆虫、鳥類やその卵を食べる
  • 好物は果実
  • 頭が入れば狭い隙間を自由自在に通り抜けることができる

(農林水産省「野生鳥獣被害防止マニュアル」より)

ハクビシンの被害にあわないために

  • 敷地内に果樹がある場合には果物の実を早めに収穫するか網などをかけてください。
  • 生ごみ、ペットフード、果実などを屋外に放置しないでください。
  • 床下や軒下の穴や通風口などをふさいでください。
  • 樹木をつたって移動し屋根裏に侵入することがあります。屋根へ伸びる樹木はこまめに切るといいでしょう。

屋根裏に入り込まれているなど、被害が生じている場合

以下の条件を満たしていれば、区が委託業者を派遣し、捕獲するための箱わなを設置することができます。

お困りの場合はご相談ください。

対象

被害が生じている一般住宅内、民間集合住宅内(法人が管理する場合を除く)、管理者のいる神社仏閣など

箱わな設置の条件

  1. 実際に被害が発生している(棲みついている、家庭菜園などが食い荒らされているなど)
  2. 所有(管理)者の同意がある
  3. 委託業者による箱わなの設置や回収の際に、立会いが可能である。
  4. 所有(管理)者が1日1回以上、箱わなを点検できる
  5. 捕獲できた場合に速やかに委託業者に連絡できる

区による対応は年度に1回、箱わな設置期間は最長4週間です。

不特定の人が立ち入ることができる場所には設置できないことがあります。



お問い合わせ

更新日:2017年4月9日