ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 猫の自宅への侵入や糞尿等にお困りの方へ

ここから本文です。

猫の自宅敷地への侵入や糞尿等にお困りの方へ

 猫がお宅の敷地に入り込み、糞や尿をするのは、お宅が、その猫にとって快適な場所となっているからです。猫にとって快適な場所とは、「人の出入りが少なく、静かで安心できる場所」、「気持ちよく排便ができるための、やわらかい土や砂、芝生等がある場所」等です。

 猫が来ないようにするためには、その環境を変えていくことが大切ですが、以下は、比較的効果があると言われている方法です。猫の自宅敷地への侵入や糞尿等にお困りの方は、一度お試しください。慣れを防ぐため、複数の方法を組み合わせて実施すると効果的と言われています。ただし、この対策は、ご自身の敷地内で行ってください。また、猫による個体差があるため、効果がでないこともありますのでご了承ください。

 1.庭などへの侵入を防ぐ。 

  • 猫が入り込む隙間を金網やネットで塞ぐ。
  • 庭に猫が嫌う植物(においにおいのあるドクダミ、ミント等の植物、とげのあるヒイラギ、カラタチ等の植物)を配置する。
  • 塀の上などにネット、金網、剪定後の松葉等の障害物を置く。
  • プラスチック製猫侵入防止具を設置する。
  • ブルーシートやアルミホイルなど、通るとカサカサ音がするものを置く。

 2.猫が嫌うにおいで、猫を寄せ付けない。

  • 食酢、木酢液を薄めて散布又はスポンジをトレーなどに入れて吸わせ設置する。
  • コーヒーかす、米のとぎ汁、柑橘類の絞汁等を撒く。
  • 市販の忌避剤を利用する。

 3.猫のトイレとなっている状況を変える。

  • 糞尿で汚れた土を取り除き、お湯でよく洗い流し、木酢液か入浴剤(硫黄・ミント系)を薄めて散布する。

 4.猫が気持ちよく排便をする環境を変える。

  • 水をたっぷり撒き、土や砂を湿らせる。
  • 超音波発生装置を置く。

 区では、超音波発生装置の試用のための貸出しを行っています。

お問い合わせ

更新日:2018年4月3日