ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の一部助成を行います

ここから本文です。

飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の一部助成を行います

申請ができる人

飼い主のいない猫を管理(時間を決めた餌やり・片付け、トイレの設置・清掃、不妊去勢手術の実施)を行っている者又は行おうとする20歳以上の区民で、別世帯の区民が、申請者の活動に協力している者。(地域協議会エリアは地域協議会が優先)

【※】申請は、手術のための捕獲前に行ってください。

要件

初めて申請する方は、申請前に地域猫活動講習会を受講して下さい。

地域猫講習会日程

下記リンク先より、日程をご確認ください。

申請に必要なもの

場所

池袋保健所3階講堂

助成限度額

  • 不妊手術(メス):1頭につき上限2万円まで
  • 去勢手術(オス):1頭につき上限1万円まで
  • 麻酔のみ(麻酔を実施後、手術済みが判明し手術しなかった場合):1頭につき上限3千円まで

【※】助成が受けられる頭数は、申請者につき一人6頭まで(ただし予算の範囲内)

申請後の流れ

申請受付後、申請内容等を確認します。

飼い主のいない猫の主たる生息地が地域協議会エリア(PDF:118KB)内の場合は、地域協議会の活動方針を優先させて調整いたします。

申請確認や調整等の後、決定又は不決定通知書を送付いたします。助成承認書の有効期間は、承認日からその日の属する月の翌月末(ただし、3月にあっては同月末)までです。

事前に下記協力病院に手術費用、手術日時等を相談し、その後、手術する猫を捕獲し、決定通知書兼手術依頼書に手術する猫の写真添付の上、決定有効期間内に手術を受けてください。
手術後は、猫の耳上部を水平又はV字にカットします。
登録獣医師に、不妊去勢手術費用から助成額を差し引いた額をお支払ください。

飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成事業協力動物病院名簿

問い合わせ先

池袋保健所5階生活衛生課生活衛生グループ【電話】03-3987-4175

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年5月14日