ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > ケアマネジメント質の向上と地域ケア会議

ここから本文です。

ケアマネジメント質の向上と地域ケア会議

ケアマネジメント質の向上

豊島区では、平成28年度(2016年度)より、豊島区内の居宅介護支援事業所に所属するケアマネジャーの資質向上を目的とし、「豊島区介護支援専門員研修企画委員会」を立ち上げました。研修企画委員会において検討した内容に基づき、区主催によるケアマネジャー研修を実施しています。 平成30年度(2018年度)豊島区主催・包括主催ケアマネジャー向け研修予定表を掲載しますので、ご活用ください。

   <次回更新> 平成31年(2019年)3月下旬

研修資料の掲載 <ダウンロード>

平成30年度(2018年度)介護予防ケアマネジメント・介護予防支援計画作成研修(9月12日開催)

 

 介護予防支援業務に係る関係帳票等<ダウンロード>

介護予防支援業務を実施する場合のプロセス、また帳票等を掲載します。ケアプラン作成時に、必要に応じてご利用ください。

ケアプラン帳票ダウンロード

帳票の解説・記入要領

 

地域ケア会議

 地域ケア会議は、「個別課題解決」、「ネットワーク構築」、「地域課題発見」、「地域づくり・資源開発」、「政策形成」など様々な機能を持ち、その機能が作用し合い、循環しながら地域包括ケアを推進していくことができます。高齢者個人に対する支援の充実と、地域包括ケアシステムの体制の整備を同時に進めることができる有効なツールです。

豊島区では、平成27年度以前から行っている会議体を再編成し、地域ケア会議を開催しています。

平成30年度(2018年度)からは、個別課題解決・自立支援のための「地域ケア個別会議」と地域課題と区の課題に対応する「地域ケア推進会議」に大別し、開催しています。

(1)地域ケア個別会議

個別ケースの支援方法を、自立支援・重度化防止の視点にて多職種で検討することにより、高齢者をはじめとする地域住民の課題解決を支援するとともに、介護支援専門員の自立支援に資するケアマネジメントの実践力の向上を図ります。要支援1・2及び事業対象者を対象に行う「自立支援地域ケア会議(元気はつらつ報告会)」等があります。

(2)地域ケア推進会議

個別事例の検討を通じて抽出された地域課題について、地域づくり、資源開発、政策形成に向けた検討を行います。各高齢者総合相談センターが各地域の関係者(民生・児童委員、町会、商店会、ケアマネジャー、医療関係者、金融機関、警察、消防、コミュニティソーシャルワーカー等)とともに行う「地区懇談会」、高齢者福祉課が主催し区全体にかかる課題を発見し対応策を検討する「地域ケア会議全体会議」等があります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2018年12月27日