ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 生活・住まいの援助 > 一人暮らしの高齢者への熱中症予防訪問を行っています

ここから本文です。

一人暮らしの高齢者への熱中症予防訪問を行っています

ここ数年、全国的に猛暑が続き、熱中症で多くの方が緊急搬送されています。特に暑さに慣れていない時期は注意が必要です。

75歳以上のひとり暮らし高齢者を対象に、民生委員または高齢者総合相談センター職員、見守り支援事業担当がご自宅を訪問し、熱中症予防リーフレットおよび熱中症予防グッズ(涼感タオル)を配付します。

ご協力をお願いします。

訪問対象

75歳以上の一人暮らし高齢者(昭和18年4月2日以前生まれのかた)

以下に該当するかたは除きます。

  • 介護保険サービス利用者(12~2月まで給付実績のあるかた)
  • 生活保護受給者
  • 有料老人ホーム入所者(施設に住民登録のあるかた)
  • ケアハウス入所者(施設に住民登録のあるかた)
  • 特別養護老人ホーム入所者
  • グループホーム入所者
  • その他、長期入院などご不在を把握できているかた

訪問期間

平成30年5月下旬から8月まで

訪問内容

民生委員または高齢者総合相談センター職員、見守り支援事業担当が訪問し、熱中症予防のリーフレットと熱中症対策グッズ(涼感タオル)を配付します。

更新日:2018年5月16日