ここから本文です。

糖尿病性腎症重症化予防事業

豊島区では、令和3年度より糖尿病性腎症重症化予防プログラムを開始しました。

糖尿病性腎症重症化予防プログラムとは

「糖尿病性腎症」は、糖尿病による合併症の1つで、放置すると腎不全となり、腎臓移植や人工透析をしなければ生命維持ができなくなります。進行してからでは完全な回復が見込めないため、早期発見と生活習慣の見直しが必要です。

糖尿病性腎症重症化予防プログラムでは、糖尿病性腎症を早期に発見するため、「アルブミン尿検査」を行います。また、検査で「初期の糖尿病性腎症」と診断されたかたには、医師の指示に基づき、管理栄養士等が保健指導を実施します。

対象者

1.アルブミン尿検査対象者

豊島区国保特定健診を受診したかたのうち、「特定健康診査質問票」にて「血糖を下げる薬を飲んでいる」と回答したかたで以下に該当した場合、対象となります。

A.健診結果が「尿たんぱく(-)」かつ「eGFR45~59」の場合

B.健診結果が「尿たんぱく(+)または(±)」かつ「eGFR60以上」の場合

  • eGFRとは、腎臓がどの程度働いているのかを示す値です。
  • 腎不全や人工透析等で治療中のかたは対象外となります。

2.保健指導対象者

上記アルブミン尿検査を実施したかたのうち、以下に該当した場合、対象となります。

・Aのうち尿アルブミン量が30未満の場合

・Bのうち尿アルブミン量が30~299の場合

ただし、腎臓病専門医等で栄養指導を受けているかたは対象外となります。

保健指導実施までの流れ

  1. アルブミン尿検査の対象のかたには、豊島区国保特定健診結果と合わせて「糖尿病性腎症重症化予防プログラム利用券」が届きます。
  2. 医療機関で、アルブミン尿検査を受けます。
  3. 検査から約2週間後、受診した医療機関にて結果説明を受けます。(結果の郵送はいたしません。)
  4. アルブミン尿検査結果にて保健指導対象となった場合、ご希望のかたには、後日区より保健指導の日程についてご連絡が入ります。

内容

保健指導では、血糖・血圧コントロールや食事・運動等、腎機能回復に向けたアドバイスを行い、無理のない生活習慣改善目標を一緒に立てます。また、その後約6ヶ月間、生活習慣改善への取り組みをサポートします。

費用

無料

お問い合わせ

更新日:2021年8月25日