ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 特別養護老人ホーム

ここから本文です。

特別養護老人ホーム

介護保険の要介護認定で「要介護3から5」と認定されたかたで、自宅で介護サービスを受けながら生活することが困難なかたが入所し、介護、健康管理、療養上の世話、機能訓練、長期の生活支援を受ける生活施設です。

入院治療が必要な状態では利用できません。

要介護度に応じた介護費、居住費、食費等の自己負担があります。

低所得者等に対する介護費、居住費、食費の減額制度があります。
なお、「要介護1から2」と認定されたかたでも、一定の条件を満たす場合は入所対象となります。下記「特例入所対象者」を参照してください。


詳しい内容については、担当ケアマネジャー・各特別養護老人ホーム・各高齢者総合相談センターにご相談ください。

お申込み

利用を希望するかたは、特別養護老人ホーム入所申込書により、施設に直接お申込みください。

住所、介護度などの変更、入所申込みの取り下げは、施設への連絡が必要です。下記「特別養護老人ホーム入所申請の変更について」を参照してください。

「申込書」「優先入所基準」は、各高齢者総合相談センター・各特別養護老人ホームにも配置されています。

  • 申し込みされる方へ(資料)(PDF:98KB)
  • 特別養護老人ホーム入所申込書(提出は直接各施設へ)(PDF:166KB)
  • 特別養護老人ホーム入所指針(PDF:634KB)
  • 特別養護老人ホーム入所申請の変更について

    特例入所対象者

    介護保険の要介護認定で「要介護1から2」と認定されたかたで、下記の1から4の条件のいずれかに該当する方は、「特例入所対象者」として入所の対象となります。

    1. 認知症である者であって、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られる。
    2. 知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等が頻繁に見られる。
    3. 家族等による深刻な虐待が疑われること等により、心身の安全・安心の確保が困難な状態である。
    4. 単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により家族等による支援が期待できず、かつ、地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分であること。

    特例入所対象者として申し込む場合は、通常の申込書に加えて、「特例入所用申込書」の提出が必要になります。
    「特例入所用申込書」は、原則として担当しているケアマネジャーによる記入が必要です。
    また、該当する条件によっては、手帳の写しなどの添付書類が必要になります。

    特別養護老人ホーム所在地

    区内施設および区外協定施設

    その他

    東京都では、複数の区が共同で利用できる特別養護老人ホームを板橋区内で整備を進めています。この施設は豊島区にお住まいのかたも申込可能です。開設に先立ち、運営事業者による入所相談・申込の受付を開始します。

    • 利用開始日:2019年6月1日土曜日(予定)
    • 施設名…ケアホーム板橋(定員200名)
    • 所在地…板橋区向原三丁目7番(予定)
    • 申込書の配布…電話でケアホーム板橋開設準備室(電話:042-783-0900)へ連絡し、申込書・パンフレットなどの送付をご請求ください。サービス内容や利用料金など詳しくは当準備室へ直接お問い合わせください。

    入所は申し込み順ではありません。板橋区の「入所基準」に基づき、必要性の高い要介護者からの入所となります。

    医療行為等がある方の受け入れ一覧表(区内施設および区外協定施設)

    医療行為等を受けている方の特別養護老人ホームの受け入れ一覧表です。特別養護老人ホームを選ぶ際の参考にしてください。
    ご本人の状況、医療処置の内容、施設の受け入れ状況により入所できない場合もあります。

    (参考)医療行為等がある方の受け入れ一覧(PDF:142KB)

     

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    更新日:2018年12月1日