ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 終活の相談 > 豊島区終活あんしんセンター

ここから本文です。

豊島区終活あんしんセンター

令和3年2月15日に、「豊島区終活あんしんセンター」を開設しました。

当センターでは、人生の終末を迎えるにあたり、介護、葬儀、相続などについての希望をまとめ準備を整えること(終活)について、区民の皆さまの不安や悩みを解消すると共に、今後の生活をより豊かで充実したものとしていただくことを目的として、終活に関連する総合的な相談を受け付けます。

対象者

区内在住のおおむね65歳以上の方とそのご家族

相談内容

  • 終活の始め方
  • 医療、介護のこと
  • 財産のこと
  • 葬儀のこと
  • 相続、遺言のこと
  • 住まいのこと
  • エンディングノートのこと(※本ページ末尾にデータ掲載)
  • 終活情報登録事業のこと(※下記参照)

相談内容は一例です。漠然とした不安や悩みでも大丈夫です。まずは一度、ご連絡ください。

住まいの終活相談は住宅課でも受付しています

住宅課(本庁舎6階)においても、将来の自宅についての心配事や不動産の相続についてなど、「住まい」にまつわる相談や専門家の派遣を行っています。住宅課では、空き家活用事業も行っており、「住まい」に関する様々なご提案が可能です。詳細は下記リンクをご参照ください。

住まいの終活相談サービス

相談方法

電話・メール・窓口にて、ご相談をお受けします。

電話相談

電話にて、専門職の相談員がご相談を伺います。下記電話番号に、ご連絡ください。

電話番号:03-6863-7830(直通)

メール相談

メールにて、専門職の相談員がご相談を伺います。下記メールアドレスに、メールをお送りください。

メールアドレス:siensitu@a.toshima.ne.jp

窓口相談

窓口にお越しいただき、専門職の相談員が直接ご相談を伺います。

窓口相談をご希望の方は、まずは電話でご連絡いただけるとスムーズに相談することができます。

相談日時

月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで

(土日・祝日・年末年始を除く)

相談料

無料

相談場所

〒170-0013

東池袋1-39-2豊島区役所東池袋分庁舎4階

社会福祉法人豊島区民社会福祉協議会内

豊島区終活あんしんセンター

終活情報登録事業

令和4年4月1日より、終活情報の登録受付を開始しました。本事業は、ご本人の緊急連絡先など終活関連情報をあらかじめ区に登録し、ご本人が病気・事故等で意思表示できなくなった時、または死亡した時に、警察・消防・医療機関・福祉事務所及びあらかじめ照会可能な者として登録された方からの照会に基づき、区が登録情報を開示する事業です。

登録できる内容

  • 緊急連絡先
  • 本籍
  • 通院先・アレルギー等
  • リビングウィルの保管場所
  • エンディングノートの保管場所
  • 臓器提供の意思
  • 献体登録先
  • 死後事務委任契約や終活に係る生前契約等
  • 遺言書の保管場所

対象者

区内在住の65歳以上の方、その他必要と認める方

認知症等の疾病によりご自身で手続きができない場合限り、成年後見人(保佐人・補助人は除く)も申請できます。

登録の流れ

1.相談・登録…原則ご本人が当センターに相談後、登録用紙に必要事項を記載し、提出してください。
※ご本人確認のため、身分証明書をご提示ください。
※成年後見人が登録申請する場合は、後見人の方の身分証明書と登記事項証明書が必要です。

2.登録証等の交付…登録証、登録マグネット、登録カードをお渡しします。

開示の流れ

1.照会(警察・消防・医療機関・福祉事務所及びあらかじめ照会可能な者として登録された方からの照会)

2.開示…ご本人(成年後見人)があらかじめ登録した開示先に開示します。

登録費用

無料

チラシ

豊島区終活あんしんセンターチラシ(PDF:1,774KB)

豊島区終活あんしんセンターリーフレット(A3判)(PDF:3,955KB)

豊島区終活情報登録事業チラシ(PDF:4,631KB)

エンディングノート(豊島区終活あんしんノート)

豊島区終活あんしんノート(令和3年11月作成)(PDF:7,670KB)

【注意事項】
※ノートの記入、管理はご自身の責任において行ってください。
※ご利用にあたってトラブルや損失・損害等が発生しても、豊島区及び豊島区終活あんしんセンターでは一切責任を負いかねます。

お問い合わせ

更新日:2023年9月5日