ここから本文です。

還付金詐欺にご注意を!

保険料や医療費の還付金詐欺にご注意ください。

区市町村職員や社会保険事務所(現在は存在せず、年金事務所等に事務を移管しています)などを装って、「保険料や医療費を還付します」とだまし、お金を振り込ませる詐欺事件が発生しています。

豊島区では、保険料の還付や高額療養費等のお知らせは、文書にて送付しております。
電話で直接口座番号や携帯電話番号をお尋ねして、銀行のATM(現金自動預け払い機)で金銭の引き出し等をお願いすることはありません。
被害に遭わないよう十分にご注意ください。

このような不審な電話連絡等があった場合には、すぐに最寄りの警察か区役所にご連絡ください。

主な手口の流れ

  1. 区役所などの職員を名乗り、
    「過去の分の保険料が過払いになっているので、口座番号を教えてくれたら還付の手続きをする」
    「医療費の還付金がある」
    「医療費の還付金について書類を送付したが手続きがされていない。手続きの期限は過ぎているが、今日中なら間に合う」
    「手続きのためにATMに行くように」
    などと電話をかけてきます
    その際、携帯電話番号や口座番号などの個人情報を聞き出すケースもあります。
  2. 指示どおりにATMを操作すると、気付かぬうちに、お金を振り込まされてしまいます。

※ATMを使わず、直接現金を受け取りに来る手口も発生しています。十分ご注意ください。

詐欺かもしれないと感じたら

  • 落ち着いた行動をとるようにお願いいたします。
  • 電話で直接口座番号や携帯電話番号をお尋ねして、銀行のATM(現金自動預け払い機)で金銭の引き出し等をお願いすることはありません。
  • このような不審な電話を受けた場合はすぐに区役所へご連絡いただくとともに、最寄りの警察へご相談ください。
  • 安易に携帯電話番号や口座番号を教えないようにしましょう。
  • 高齢者が被害に遭うケースが非常に多いので、近隣や親族に高齢者がいる場合、注意するよう呼びかけをお願いします。

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年12月11日