ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > お知らせ・後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療保険料の納付には、便利な「口座振替」をご利用ください

ここから本文です。

後期高齢者医療保険料の納付には、便利な「口座振替」をご利用ください

口座振替は、指定された預貯金口座から自動的に保険料が引き落とされます。納めに行く手間がなく、納め忘れの心配もありません。

登録口座は、被保険者本人だけでなく、世帯主や、配偶者の口座を指定することが出来ます。

口座振替の引き落とし日は、毎月末日(末日が金融機関等の休業日の場合は翌営業日)です。

簡単な手続きで、口座振替に変更できます

「口座振替依頼書」による申込み

口座振替依頼書に必要事項を記入し、金融機関届出印を押印のうえ、高齢者医療年金課の窓口でご提出いただくか、郵送でお送りください。

口座のある金融機関でも手続きをすることができます。その際は、通帳・届出印を持参してください。

「口座振替依頼書」の郵送を希望される方は、高齢者医療年金課までご連絡ください。

「ペイジー口座振替受付サービス」を利用しての申込み(キャッシュカードで簡単お手続き)

高齢者医療年金課の窓口でキャッシュカードを専用の端末機に読み込ませ、暗証番号を入力することで、口座振替の手続きができます。

通帳や届出印は不要です。

詳しくは保険料の納め方のページへ

注意事項

国民健康保険料の口座振替を利用されていた方が、後期高齢者医療制度に変わったときは、改めてお申込みが必要です。

お問い合わせ

後期高齢者医療グループ【電話】03-3981-1937

更新日:2019年11月11日