ここから本文です。

概要・沿革

事業の概要・沿革

郷土資料館は、豊島区に関する貴重な郷土資料を収集・整理・保存し、調査・研究・管理・展示を行なっています。
収蔵資料展の開催及び歴史・地域史講座の開催並びに各種刊行物の発行・利用者のレファレンス対応により、豊島区の歴史・文化に関する理解を深め、かつ区民が憩う場として設置された施設です。

  • 開設:昭和59年6月
  • 開館時間:午前9時~午後4時30分
  • 休館日:毎週月曜日(祝日と重なる場合はその翌日も)、第3日曜日、祝日、年末年始、展示替え等にともなう臨時休館
  • 入館料:無料

実施事業

常設展示

  • 豊島区のあゆみ
  • 大地の誕生
  • 原風景以前
  • 原風景の形成と変容
  • 近代都市への道
  • 語り継ぐ・戦争
  • 暮らす・祈り

実施状況・実績

 

項目\年度

26年度

27年度

28年度

29年度

30年度

入館者数

12,158人

10,569人

18,847人

20,606人

企画展等開催回数

3回

3回

2回

4回

講座開催回数
延参加者数

5回
133人

5回
104人

5回
95人

2回
34人

4回
56人

(27年度は12月から、28年度は1年間、勤労福祉会館改修工事のため休館、

29年度は9月まで展示工事のため休館)

今年度の予定等

収蔵資料展

(平成30年度)第3回_「書く」ということ

終了しました。たくさんのご来館ありがとうございました。

平成31年2月22日(金曜日)から5月12日(日曜日)

  • 令和元年5月24日(金曜日)から7月20日(土曜日)までは常設展示のみとなります。

企画展_暗がりから池袋を覗く~乱歩から京極夏彦へ~(仮称)

令和元年8月3日(土曜日)から9月14日(土曜日)

  • 上記以降の予定は決まり次第、お知らせいたします。

利用案内

郷土資料館【利用案内・地図】

更新日:2019年5月15日