ホーム > 文化・観光 > 生涯学習 > 地域文化創造館 > 地域文化創造館 生涯学習団体等登録のご案内 > よくある質問 登録の申請の際はご注意ください

ここから本文です。

よくある質問 登録の申請の際はご注意ください

質問1 習い事の教室の場所として使いたい。団体登録できますか?

回答1 習い事の教室や私塾としての利用を目的とする場合は、登録できません。

習い事の教室や私塾とは?
活動の方針や内容など、会の運営についての決定が、会員の総意でなく、講師や経営者によって決定され、実際の運営も講師もしくは経営者の主導でなされている集まりです。
例えば、

  • 講師の選び方…
    会員の総意で決めたものではない。講師ありきで会員を募集するなど、講師または経営者を中心とした同心円状の人間関係になっており、会員同士の横のつながりが希薄である。
  • 会計の処理方法…
    会計の担当が会員の中から互選によって選ばれて行われておらず、会員が個々に、経営者もしくは講師に月謝として支払う。経理内容は通常公開されない。監査を受けて会員全員に公開されることがない。
  • 会の運営について…
    運営に必要な役割を会員で分担しておらず、経営者もしくは講師が主体となって行なっている。また、団体の目的や活動内容、運営の仕方については会員の総意で決定されていない。また、その内容は規約や文書など記録されず、会員全員が把握していない。

質問2 会員数が条件に満たないのですが…。

回答2 登録の要件に満たない場合は、団体登録はできません。

新規会員を募集する、既存の団体同士で合併し新規団体として登録するなど、登録の用件を満たすようにしてください。
これからサークルに入会したいという方から、学習・スポーツ課 生涯学習グループへ相談があった場合は、次の掲載情報からご紹介しています。

  • 地域文化創造館利用団体登録申請書で情報を公開可と申請した団体に関する情報
  • 区報および区HPに掲載されている「ふれあいガイド」
  • 各地域文化創造館が毎年発行している「サークル紹介誌」

質問3 会計報告書および会計予算書はなぜ必要なのですか?

回答3 会の運営が明確かつ適切に行われているかを確認するためです。

質問4 会費について金額の上限はありますか?

回答4 団体登録する際は、会費について金額の上限は特にありません。

会計の収支が合っていること、また、不適切な支出がないことが大切です。
(ふれあいガイドに掲載を依頼する際は、1か月6,000円以内でかつ1回の活動につき1,500円が上限です。)

質問5 活動報告書および活動計画書はなぜ必要なのですか?

回答5 会の運営が適切に行われているかを確認するためです。

質問6 主な活動場所として選択した場所で活動しなくてはならないのですか?

回答6 主な活動場所として選択した場所だけでなく、全ての地域文化創造館を利用できます。

登録証は地域文化創造館全館共通です。なお、団体登録の申請の際に主な活動場所を選択していただく主な目的は、新たにサークルに入りたいかたに紹介するためです。

質問7 講師を会員数に数えていいですか?

回答7 講師謝礼が支払われている場合、講師は会員にはなれません。

講師自身が会費を支払っていても、そのことにより、会の運営に係ることになります。講師は、直接会の運営に係ることはできません。

質問8 年齢区分の記入はなぜ必要なのですか?

回答8 登録条件を満たしているか確認するためです。また、統計資料として活用するためです。

18歳未満の者で構成される団体は、保護者の承認を得ている必要があります。

質問9 保護者の承認を得ているか、どのように証明すればいいですか?

回答9 会員名簿の保護者署名欄に氏名、電話番号、住所を記入してください。

署名は会員の保護者(1名)の自署に限ります。

質問10 男女の内訳はなぜ必要なのですか?

回答10 統計資料として活用するためです。ご協力お願いいたします。

更新日:2015年2月25日